月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学...☾*

二月如月 和の暦

如月は何月のことを指す? なぜ如月と呼ばれるのか

044221

1月・2月と月を数えるより、睦月(むつき)・如月(きさらぎ)と
月を数える言葉の響きを美しく感じるのは、日本人ならではの感性でしょうか。
この呼び方は日本古来より使われている呼び方で「和風月名」といいます。
この「和風月名」は旧暦の季節や、行事に合わせたもので
現在のカレンダーにも表記されているものです。

旧暦の2月「如月」は、現在では2月下旬から4月上旬頃にあたる
もともと「如月(きさらぎ)」は旧暦の2月を表す和風月名で
現在では2月下旬から4月上旬頃にあたります。
現在の暦は「太陽暦(グレゴリオ暦)」といい、新暦と言われていますが
昔は旧暦として「太陰太陽暦」が使用されていました。

日本は飛鳥時代から太陰太陽暦を導入し
和暦として使用していた歴史があります。
明治時代に入ってから、現在の太陽暦(グレゴリオ暦)に改暦されたのです。

太陰太陽暦は月の満ち欠けを基準としていました。
そのため1年が354日となります。この微妙な日数の違いで
季節にズレが生じてしまうことから
3年に一度「閏月(うるうづき)」を設けて
調整していたのです。旧暦の基準が月の満ち欠けに対し
新暦は地球が太陽の周りをまわる周期を基準としています。
この日数の関係から新暦と旧暦には1~2か月ほどずれが生じてしまうのです。

pink-4053094_960_720

「如月」の名前は何に由来しているのか?
「如月」の由来については諸説あります。
国語辞典によると、この時期はまだ寒さが残っていて
衣を更に重ね着することから「衣更着(きぬさらぎ)」。
これが徐々に「きさらぎ」になったという説があります。
次に「草木張月(くさきはりづき)」説です。
この説は「広辞苑」に如月の由来として紹介されています。
前述したように旧暦の2月は新暦の2月下旬から4月上旬ごろにあたります。
ですので、草木や花の芽が出始め
春の訪れを感じることのできる季節ということから
「草木張月(くさきはりづき)」というように呼ばれていました。
そこから徐々に如月に変わっていったという説です。

また「来更来(きさらぎ)」説もあります。
旧暦の8月に雁がきて、更に燕が来る季節であることから
「来更来(きさらぎ)」が由来となったと言われている説です。

最後ですが「気更来(きさらぎ)」説です。春の陽気が更に来ることを表して
「気更来(きさらぎ)」が由来となったという説になります。
このように「如月」についてはさまざまな説がありますが
どの由来が正しいのかはいまだはっきりしていません。

aflo_rqib003890

如月以外の読み方
同じように2月を表す異称があるのでいくつかご紹介します。
仲春(ちゅうしゅん)は、春の真ん中という意味です。
1月、2月、3月が旧暦の上では春にあたります。
2月はその春の季節の真ん中の月に当たるところからそう表した言葉です。

建卯月(けんぼうげつ)とは、陰暦の2月を表す異名となります。
星座である北斗七星の指す方角によって
十二支を月に充てて表した異称のことです。

初花月(はつはなづき)は年が明けて初めて咲く花のことを
初花(はつはな)といい主に梅花を指した言葉です。
そのことから年明けに初めて花が咲く月という意味となります。

雁帰月(かりかえりつき)は先の由来の方で少し触れましたが
雁は秋から冬にかけてシベリアから日本に渡ってくる渡り鳥で
春になるとまたシベリアへ帰っていきます。
そのため、雁が帰っていく月と表した異称です。

他にも木芽月(このめづき)や雪消月(ゆきげづき)など数多くあります。
如月の由来と考えられている草木張月(くさきはりづき)も
同じく異称となっています。
どの異称もその月の様子が想像できるような趣のある言葉となっているのです。

8a80ebb59626eeea38f37e935dd306a9

なぜ『如月』と書くのか
紀元前2世紀ごろ、中国最古の辞書と言われている『爾雅(じが)』に
「二月を如となす」と記載されていたことに関係があります。
古く中国では2月を「如」と表していました。
「如」は本来「従う・赴く」という意味があります。
そこから、草花や木などの自然や動物が春に向かって動き出す月
という意味合いで「如」をあてたとされています。
現在でもなぜ「如」が日本で「如月」になったのかはわかりませんが
日本でも二月を「きさらぎ」と表した歴史は古く
奈良時代に書かれた「日本書紀」に「きさらぎ」と表してあります。
そのようなことから現在において
「如月」は2月を表す言葉となっているのです。

1

「如月」に見られる行事やイベント
旧暦では二至二分(立春・夏至・秋分・冬至)が季節の変わり目にあたります。
立春は2月、夏至は5月、秋分は9月、冬至は11月となることから
2月の春分は季節の変わり目でもあり、新年でもあるのです。

そんな2月に行われる行事と言えば節分があります。
「鬼は外、福は内」と豆をまき年齢の数だけ豆を食べると良いという風習。
始まりは「追儺(ついな)」という中国伝来の行事です。
宮中や社寺・民間でも大晦日のうちにその年の邪悪な鬼を追い出し
清められた家に歳神(年神)様をお迎えする
如月にある大切な伝統行事なのです。

IMG_0419

閏月
明治の初めまで使用されていた暦は、月の満ち欠けを基準として
1月の長さを決めていました。 月の満ち欠けの周期は多少変化しますが
平均して凡そ29.5日。 このため当時の月の長さは、小の月が29日
大の月が30日で、小の月と大の月がほぼ交互にやってきます。

現在は(2月をのぞくと)小の月が30日、大の月が31日ですから
同じ12ヶ月では、現在の暦と旧暦では長さが違います。 
12ヶ月で1年とすると、旧暦の暦法ではおよそ354日となり
実際の1年より11日ほど短くなってしまいます。 
このままでは何年かが経過すると、暦の月と季節が全く合わなくなって
日常の生活にも不都合なことが生じてしまいます。
このため約3年に1度「閏月」を作り1年13ヶ月となる年を設けました。 
これによって暦と季節の関係を調整したわけです。

今は閏年というと2月が29日まであり1年が366日となる年のことですが
旧暦では閏月の入る年を閏年といいました。 
閏月の入らない普通の年(平年)は1年が353日~355日、
閏年は384~385日になりました。 
閏月は、原則として二十四節気の「中」を含まない月とし
その前の月と同じ月名に「閏」とつけて呼びました。
例えば「閏五月」というようになります。 
このような「閏」の挿入の規則のことを「置閏法」といいます。
現在使用されている太陽暦の場合、閏月はありませんが
閏日が入ることがありこの規則も「置閏法」と呼ばれます。

aflo_rqib009012

明治の改暦
現在の暦が使用されるようになったのは明治6年1月1日から。 
この日はそれまで使用されていた天保暦では明治5年12月3日に当たります。 
ですから明治5年の12月は1日と2日の2日間しかありませんでした。
この改暦が正式に決定されたのは、明治5年11月9日のこと。
「太政官布告(第337号)」という法律によってです。
 法律の公布から、実際の改暦までの期間が1ヶ月もないという慌ただしさです。 
年末ですので、既に翌年の暦は印刷されていましたが、この法律によって
既に印刷されていた暦は、紙屑になってしまいました。

明治の改暦は突然で、十分な検討もされないまま施行されましたので
多くの誤りや問題点をのこしていました。 そこまでして明治新政府が
改暦を行った理由には、深刻な財政問題があったといわれています。 
というのは、従来の暦では翌明治6年は閏年で、閏月が入るため
1年が13ヶ月あることになっていました。 既に役人の給与を年棒制から
月給制に改めた後なので明治6年には13回給与を支払わなければなりません。 
これは財政難であった明治新政府にとって悩みの種でした。
その上太陽暦に切り替えることによって
明治5年の12月は2日しかありませんので
 この月の月給は支払わないこととすれば、明治5年分の給与も
1月分減らせる、正に一石二鳥の改暦だったわけです。

aflo_xvva007690

立春
昔よりとっても大切にされてきた日です。
立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で
「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。
立春を基準に様々な決まりや節目の日があるのを知ってますか。
春…立春から立夏の前日までを言います。冬至と春分の中間にあたります。
この頃、暖かい地方では梅の花が咲き始めます。

八十八夜…立春から数えて88日目のことです。
この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため
高級な茶葉であると言われています。

二百十日…立春から数えて210日目のことです。
この日は台風が襲来する可能性が高く、農家の人々にとっては
厄日だと言われています。

二百二十日…立春から220日目のことです。
二百十日と同じく、台風が襲来する可能性の高い日とされています。
現在は二百十日よりも二百二十日に台風が来ることのほうが多いようです。

立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に
「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。
この文字は、縦書きすると左右対称になり
一年間災難にあわないというおまじないです。

土用(どよう)
土旺用事(どおうようじ)の略。 
土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが
土用は各季節にあります。陰陽五行説で、春・夏・秋・冬を
それぞれ木・火・金・水とし(余った?)土を
各季節の終わりの18日間に当てはめたことから
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。
一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。
また、この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。

初午(はつうま)
2月最初の午(うま)の日。
本来は、農作業が始まる旧暦の2月に行われていました。
711年(和銅4年・奈良時代)のこの日に、稲荷社の本社である
京都の伏見稲荷大社に稲荷大神が鎮座されたといわれています。
この日をしのび、伏見稲荷大社をはじめ、愛知の豊川稲荷や
佐賀の祐徳稲荷神社など、全国の稲荷神社で
盛大にお祭り(初午大祭)が行われます。
また、立春を迎える2月の最初の午の日は、一年のうちで
最も運気の高まる日とされています。
※「午(うま)」は方位の南を示し、時間は正午を表わします。
この時間は太陽が最も高く上がり、一日のうちで
陽光の力が最も強まる時といわれています。餅まきが行われる地域もあります。

ba954007.jpg

雨水(うすい)
2月19日頃。および啓蟄までの期間。
太陽黄径330度
立春から数えて15日目頃。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意味。
草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃です。しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く
大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら春に向かっていきます。
地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると
良縁に恵まれるといわれています。

三寒四温(さんかんしおん)
寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。
これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。
もともと中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉で
後に日本に伝わりました。

aflo_sbta001063

2月の他の別名
小草生月(おくさおいつき)
華朝(かちょう)
仲春(ちゅうしゅん)
初花月(はつはなづき)
梅津早月(うめつさつき)
建卯月(けんぼうげつ
麗月・令月(れいげつ)

2月の暮らし
豆まき 確定申告の準備、手続き
結露対策 ひな人形の飾り付け
梅見 花粉対策
卒業・入学・就職祝いの準備
恵方巻き  入試 スキー バレンタイン 

2月の自然
霰(あられ) ダイヤモンドダスト
氷霧 霜夜 雪解け 余寒 寒明の雨
春一番 三寒四温 東風 雪間
薄氷(うすらひ)

2月の花  
梅(ウメ) クロッカス
山茶花(サザンカ) シクラメン
ふきのとう 雪割草  椿(ツバキ)
福寿草(フクジュソウ)
侘助(ワビスケ) 南天(ナンテン)
節分草 金魚草 マーガレット
猫柳(ネコヤナギ)

aflo_sqwa034921

旬の食材
野菜
かぶ 白菜 水菜(みずな)
れんこん カリフラワー ごぼう
小松菜 キャベツ 京菜 三つ葉
ほうれん草 春菊  菜の花
あさつき セロリ ニラ

魚介
鮟鱇(あんこう) キンキ 蛤
鰤(ぶり)  帆立貝  ふぐ

果物
金柑 みかん 伊予柑 八朔

時候の挨拶
余寒の候  残冬の候  残寒の候  晩冬の候  残雪の候  
解氷の候 春寒の候  向春の候   立春の候  春寒のみぎり  
余寒厳しき折から  余寒なお去りやまず  春まだ浅く
立春とは申しながら  春寒のみぎり  春浅く風も冷たく
余寒なお骨身にしみる毎日が続いております

【結び】
まだまだ厳しい寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください
余寒なお去り難き折、風邪など召されませぬようご自愛ください

aflo_rqib003891

まだ春は産声をあげたばかり。実際には気温が最も低い時期です。
それでも、一進一退を繰り返しながら、確実にあたたかくなっていきます。
日脚も延び、日差しも明るさをましていきます。
ちょうどこの時期にぴったりなのが「光の春」という言葉でしょう。

俳句では、立春を過ぎると、寒さが厳しくても
「余寒」「残る寒さ」「春寒(はるさむ・しゅんかん)」などといいます。
どんなに冷え込んでも、心は春なのですね。
きっと、気温でしか春を感じることができない人よりも
ずっとたくさんの春に出会うことができるのではないでしょうか。

一月(睦月)初春月

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

睦月

■睦月
親族が互いに往来し、仲睦まじく宴をする月であるからといわれています。
また、稲の実を初めて水に浸す月を指す「実月(むつき)」から
転じたという説もあります。

季節:晩冬(ばんとう) ※小寒から立春の前日まで。

■1月の他の別名
祝月(いわいづき)
始和(しわ)
正月(しょうがつ)
早緑月(さみどりづき)
年端月(としはづき)
太郎月(たろうづき)
王春(おうしゅん)
建寅月(けんいんげつ)
初春月(はつはるづき)

年の始めをことほいで初春という。
旧暦の年の始めは、二十四節気の「立春」のころにあたったので
「初春」と呼んで祝った。新暦に変わって冬に正月を迎えるようになっても
旧暦の名残から年の始を「初春」と呼ぶ。

寒い冬のさなかに訪れる新年を、初春(はつはる)・新春・迎春などと
「春」をつけて呼ぶのはなぜでしょうか。
それは、明治5年まで用いられていた旧暦においては
立春の前後を年始としていたため、その習慣が残っているからです。

旧暦においては、雨水(うすい:立春の約15日後。現在の2月19日頃)の
直前の朔(さく:新月)の日を元日と定めていました。
よって昔の元日は立春の約15日前から約15日後の間のいずれかの日に訪れました。
旧暦では、新しい年と新しい春が、まさに同時期に訪れていたのです。

新年を寿ぐ(ことほぐ)意味で用いられる「春」の語は
他の様々な語と結びついて、和歌や俳句で用いられてきました。
明の春(あけのはる)、今朝の春、花の春、千代の春、
四方の春、老の春(おいのはる)あたりが代表的ですが、国の春、江戸の春、
家の春、宿の春など、様々な用い方が出来ます。

なお「初春」を「はつはる」ではなく、「しょしゅん」と発音する場合は
新年の季語ではなく、立春からの約1か月間を指す春の季語となります。

1e3f3ff7

日本人にとって元旦には特別な意味があります。
それは去年が今年になったというだけでなく
すべてが新たに一から始まるという日で、この世にあるものは
みな新しい生命を持ち、生まれ変わると信じられてきたからです。
私たちも毎年正月を祝うことで自分を新しい人間に生まれ変わらせていきます。

元旦の「元」はもと、つまり源ということです。
一年が円還し、原点回帰して新しく復活する日なのです。
お正月行事は、新しく降臨された歳神様をお迎えし
一年の無事に感謝して、今年一年の豊作と家族の幸せを願うための
連日接待の儀であると同時に、農耕社会での生産共同体である
家族や地域との結束を図り、神様をもてなす儀式を通じて
人を見つめなおし、生き方を再確認して、次代に伝承していく
重要な意味をもっています。

aflo_ppua037016 (1)

◎正月とは
本来は、一年の最初の月のこと。
年神様(としがみさま)をお迎えする行事のことで1月の別名でもあります。
現在は年頭の祝いをする三が日(一年の最初の日である元日から3日まで)や
松の内(元日から7日または15日まで)をさすのが一般的。
「正」には「年の始め」という意味があります。

正月は家に年神様をお迎えする行事。年末に煤払い(すすはらい)をしたり
正月に門松やしめ飾りを飾るのは
いずれも年神様をお迎えするための準備です。

日本では古くから季節の節目に先祖を奉り
五穀豊穣を祈る習慣がありました。
特に新しい年を迎える正月は、盛大に行われてきたようです。
現在のように、しめ飾りや鏡餅などを飾るようになったのは
江戸時代に入ってからのようです。
元旦には、宮中や全国の神社で歳旦祭(さいたんさい)がおこなわれます。
【年神様(としがみさま】
新年の神様。「正月様」「歳徳神(としとくじん」ともいいます。
年の始めに、その年の作物が豊かに実るよう
家族みんなに幸せをもたらすために
高い山から降臨してくると考えられていました。
また、昔亡くなった人の魂は山の神になり、正月に年神様となって
子孫の繁栄を見守ってくれるのだとも考えていました。
つまり、年神様は祖先の神様でもあり、農耕の神様でもあるわけです。

年神様は、正月の間、それぞれの家に滞在されます。
神社と同じように、玄関に注連縄(しめなわ)を飾るのは
そこが、神様がいらっしゃるのにふさわしい神聖な場所であるということ。
大掃除もそのためのものです。きれいにしましょう。

元日(がんじつ)と元旦(がんたん)
元日は1月1日の意味ですが「元旦」は1月1日の朝のことをさします。
※間違って使いがちですので、気をつけましょう。
年神様が降臨するのは元旦、つまり1月1日の朝ですので
くれぐれも、新年早々お昼まで寝ていた、なんてことがありませんように。

b58708fd

◆小寒(しょうかん)
1月5日頃(2018年は1月5日)。
および大寒までの期間。
太陽黄経285度
冬至 から数えて15日目頃、冬至 と大寒の中間。
寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のこと。

小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい
寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。これから冬本番を迎えます。
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
※立春が「寒の明け」になります。
この日から、寒中見舞いを出し始めます。

◆大寒(だいかん)
1月20日頃(2018年は1月20日)。
および立春までの期間。
太陽黄経300度
小寒から数えて15日目頃。冬の季節の最後の節気。

寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。
小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたります。
寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます。
また「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物
(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込むのに最もよい時期とされています。

aflo_ouka000143

『初空月』(はつそらづき)  
旧暦正月の異称

元日の空のことを「初空」といいます。   
初日の出を拝まなくても「初空」を眺める人なら多いのではないでしょうか。   

人は未来に思いを馳(は)せるとき、遠く彼方(かなた)に目をやるもの。  
これから始まる一年を思いやり、自然と空を仰ぐ人が増えることと思います。   
1月が、『初空月』と呼ばれるようになったのは
そんな理由もあってのことかもしれません。    

正月の空の色は、ひときわ美しく見えます。   
「初」という文字を冠して、眺めるからでしょうか。   
空だけではありません。   
年が明けて初めて見るもの、聞くもの、すること…  
どんなものにでも「初」をつけることができるといってもいいくらいです。
昨日までと、突然何かが変わるわけではないのですが…。  

新年を迎えた瞬間、そうやって私たちは心をリセットしてきました。   
初心を忘れないために。  
新鮮な気持ちで見なれた風景を見つめ直すために。   
そして何よりも…
より多くの思い出を容れるためのスペースを空けておくために…。

和風月名
※旧暦正月の別名です。現在の暦では二月頃にあたります。
睦月、 祝月、 太郎月、 年端月、 子日月、 初春月、 嘉月
建寅月、 早緑月、 霞初月、 暮新月、 元月、 三微月
泰月、 端月、 初空月、 眤月、 陬月

aflo_cavd000161s

◆~ 文例・例文・手紙の書き方 ~
年が明けて1月になると時候の挨拶を送ると思います。
季語の入った時候の挨拶は風流な文章に見えます。

■時候の挨拶 * 1月■

「正月」「初春」「新春」「孟春」
「厳冬」「極寒」「小寒」「大寒」

「降雪の候」「酷風の候」「大寒の節」
「厳寒のみぎり」「酷寒のみぎり」

「いよいよ寒気がつのり」「寒気厳しき折柄」
「星も凍るような寒い夜」「例年にない寒さ」
「寒気ことのほか厳しく」「霜柱を踏んで」

「雪の晴れ間」「積雪は軒につかえ」
「初春とはいえ」「冬来たりなば春遠からじ」

aflo_zkua004992

◆七十二候
一年を五日ごとに分けることで、自然界の微妙な変化を感じ取れる暦。
それぞれの季節にふさわしい名を付けて時候の移り変りを表しています。

芹生ず(せりしょうず):1月6日~10日頃
芹(せり)/一ヵ所にせり(競)合って生えることから「せり」。 
中国では二千年前から食用に、日本でも古事記に登場、万葉集には
春の野遊びとして芹が詠まれています。

水泉動く(すいせんうごく):1月10日~14日頃
水泉とは地中から湧き出る水のこと。
凍りついた地中の泉が、かすかに暖かさを含む時季。
しかし地上はまだまだ厳寒の季節です。

雉子始めて鳴く(きじはじめてなく):1月15日~19日頃
雉子(きじ)/1947年、日本鳥学会において国鳥に選定。
日本では昔からただ単に「とり」という場合「雉」を指していたそうです。
低木林や草原に棲み、雄はけんけんと勇ましい声、
雌はちょんちょんと優しい声で鳴くとか。

蕗の花咲く(ふきのはなさく):1月20日~24日頃
蕗の薹(ふきのとう)/蕗の薹は蕗の花茎。
素揚げ、花が開いたように美しく揚げて春の味を。
花が咲く前、地面から出てきた直後くらいの柔らかいうちがベスト。
愛らしくて美味しいこの時季の山菜の代表です。

水沢腹く堅し(さわみずあつくかたし):1月25日~29日頃
沢に厚く硬い氷が張りつめるという意味です。
流れ動く沢の水をも凍りつくほど、一年でも最も寒い時季が続きます。

* Welcome *


*Welcome To My Weblog*

  御訪問ありがとうございます。

  季節や暦に合わせた暮らし歳時記

  興味を持った事柄をPickupしつつ

  不定期に更新しています。

丸窓の冬景色

月の暦☾* Daily Moon *
Ж Moon Calender Ж



* 2020年2月の月暦 *
上弦 *  2日 10:41
満月 *  9日 16:33
下弦 * 16日 07:17
新月 * 24日 00:32

* 2020年3月の月暦 *
上弦 *  3日 04:57
満月 * 10日 02:47
下弦 * 16日 18:34
新月 * 24日 18:28

Ranking
Click Please♪



くる天 人気ブログランキング








RSS
Powered by RSSリスティング
アーカイブ
記事検索
四季の花 * 歳時記

月別生活暦




HTML Color Name
140色がランダムに表示されます。










熨斗と水引

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

* Book recommended *
春宵、半夏生、驟雨
星月夜、虎落笛、風花・・・
美しい日本の言葉
いくつ知っていますか?
四季折々の言葉を写真で綴る
麗しい日本の歳時記


「星のこよみ」


「雨の名前」


「風の名前」


「空の名前」


「色の名前」


「暦の風景」


「美しい日本語の辞典」


「美しい日本の言葉」


「春夏秋冬 暦のことば」


「音のことのは」


「水のことのは」


「雨のことば辞典」


「自然のことのは」


「花とみどりのことのは」


「春・季節のことば」


「夏・季節のことば」


「秋・季節のことば」


「冬・季節のことば」


「月に恋」


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ