月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学...☾*

三月 弥生

まだまだ風の冷たさが身にしみることもありますが
陽射しはやわらかく、春の明るさが確かに感じられるようになってきました。
草木が一斉に芽を出し、春の歓びをうたう雛の月。

aflo_byab003286

旧暦では、二月の梅に続いて三月には桃や桜が花開くので
花月(かげつ)、桃月(ももつき)、桜月 (さくらつき)、などといいます。 
最もポピュラーなのは、弥生(やよい)です。
弥は「いよいよ」「ますます」の意味で
「たくさんのもの(植物)が生まれて花盛りになる月」として名付けられました。 
また、三月三日は、内裏雛(だいりびな)を飾って祝います。
昔の人々はこれを紙で作り、その紙雛に、人々の
過去一年にたまった汚れを背負ってもらい
災厄を逃れるという習慣がありましたので
「雛のみそぎをする月」という意味で、禊月(みそぎつき)とも言いました。
三月になると、だんだん暖かくなり眠気を誘うので
「夢見月」とも呼ばれています。

春という言葉 
諸説ありますが「万物が発る」時候というのが一般的な定説のようです。
その他...「草木の芽が張る」「天気が晴る」「田畑を墾る」などから
「はる」という説もあります。

3月の他の別名
嘉月(かげつ) 桜月(さくらづき)
花見月(はなみづき)
花月(かげつ)  季春(きしゅん)
夢見月(ゆめみつき)
建辰月(けんしんげつ)

aflo_vxba000507

●三春(さんしゅん)

初春
春先、春べの頃、
つまり立春(2/4ごろ)から啓蟄の前日(3/5ごろ)までをいい、
孟春ともいいます。

仲春
春さなかの頃、
啓蟄(3/6ごろ)から清明の前日(4/4ごろ)までをいい、
仲陽ともいいます。

晩春
末の春の頃、
清明(4/5ごろ)から立夏の前日(5/4ごろ)までをいい、
季春ともいいます。

■初春 (立春から啓蟄の前日まで)
<時候>
魚氷(うおひ)に上る 雨水 おれづみ 獺(かわうそ)魚を祭る 寒明 
旧正月 冴返る 春寒 初春 早春 遅春 二月 二月尽 
春浅し 春まけて 春めく 余寒 立春 

■仲春(啓蟄から清明の前日まで
<時候>
如月 啓蟄 三月 春社 春分 鷹化して鳩と為る 仲春 
初朔日(はつついたち) 彼岸 龍天に登る 

■晩春 (清明から立夏の前日まで)
<時候>
蛙の目借り時 暮の春 穀雨 三月尽 四月 清明 
田鼠化(でんそか)して鶉と為る 夏近し 苗代時 八十八夜 
花冷え 春暑し 春惜しむ 春深し 晩春 弥生 花時 行く春 

aflo_rcba005281

南北に長い日本列島では、実質的な春の到来の時期は地域によって
かなりの差がみられます。
北海道、東北地方では3月はまだ冬の名残の時季であり
気温が急に上昇する関東以南の明るいイメージからはまだ遠いのです。
桃や桜など木々の花が一斉に咲き出す所もあり
いずれにせよ、冬の寒さから開放され、活動を再開する
生命の再生の喜びに満ちた季節です。 

<時候の挨拶>
早春の候 浅春の候 春暖の候 春雨の候 春色の候
春風の侯 春暖の候 若草の候 軽暖の候  

 春の彼岸の頃 日増しに春めいてまいりました
 水ぬるむ季節となりました ひと雨ごとに春めいてまいりました
 弥生の空美しく晴れわたり 桜のつぼみもふくらみ 
 急に春めいて 風はまだ寒く 日毎にのどかになり 

「木の芽風」という美しい言葉がありますが
木の芽を温かくはぐくむかのように吹く春風をいいます。
少し温かな日には、少し遠出して散策するのも良い時節です。
山野を眺めると生気感じられ、緑かかったり、ほの赤いような感じがします。
木々が芽吹き生気あふれる山の様子です。
一方、気象庁の区分では、春は3月から始まります。 

春は草木の芽が「張る」「芽が膨らむ」からきていると言う説があるように
これからは、草木の芽が膨らんで
膨らんだあとで花になったり、葉になったり
まさに生き生きした季節がやってきます。 
つまり、弥生と春は同じような意味の言葉なのです。 

桜のつぼみもふくらみ始め、日ごと春らしさを感じる3月。
暖かい日差しを感じて心うきうきしてきます。
「春」の語源は草木の若芽が張ってくる季節。
日脚が延び、夜明けが早くなりました。
この季節になると、朝6時前には東の空はうっすらと
紫色から淡いピンクの、暖かく柔らかい春の光になってきます。

『春は曙 ようよう白くなり行く山際 少しあかりて 
紫だちたる雲の細くたなびきたる』 清少納言・枕草子

昔から日本人は、光の色からも季節の移り変わりを敏感に感知し
暮らしの知恵を生み出し、俳句や和歌を詠んだのです。

aflo_ppuc009123

ひなまつり
中国の上巳の祓いが伝わる以前から、日本の貴族社会では
「雛遊び(ひいなあそび)」というものがあり
平安の中期に盛んに行われていたようです。
当時は大人の遊びでしたが、次第に子供たちの世界に広まりました。
現在のように、段を組んだり
豪華な飾りを施すようになったのは江戸時代に入ってから。
江戸時代の初期に、京都の御所で盛大な「ひなまつり」が催されて以降
江戸の武家社会にも広まり、庶民の間にも定着していったとされています。
ひな人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀ります。
ひな祭りの料理はやはり、ちらし寿司と蛤のお吸い物ですね。
蛤は女の子の美徳と貞節を意味するもので、ちらし寿司の具である
蓮(れんこん)やエビも縁起がいいものとされ、お祝い事には良く使われます。

ひな人形は「一人ひと飾り」といわれ、姉妹で共有したり
親から受け継ぐのは良くないともいわれています。
しかし、女のお子さんそれぞれに「ひな飾り」を用意し
飾るのは、難しいと思います。
新たに女の子が誕生した場合は、ひな人形を増やしていくといい
という説もありますので
揃っていない人形やお飾りを増やしてあげるといったやり方の方が
現代の生活には則しているかもしれません。
このような風習は、その家ごと、また地域によっても異なりますので
年配の方に相談されるのがいいでしょう。

aflo_pgxa003597 (1)

3月3日は、五節句の二番目「上巳(じょうし)の節句」。
中国にはこの日、水辺で身体を清め、宴会を催し
災厄を祓うという風習がありました。
こうした中国の節句の行事と、日本に古代から伝わる
禊祓(みそぎはらい)の思想や「人形(ひとがた)」を流す風習とが混じり合い
日本ならではの上巳の節句となりました。 
上巳はじょうみとも読まれ、本来は三月の最初の巳(み)の日という意味でしたが
かなり古い時代から3月3日に行われるようになりました。

ひな祭りとは、元々、厄除けの日です。
桃の花を飾り、季節の食べ物を供え
身の穢れや災いをひな人形を飾り厄を托すのです。
桃の花は昔から邪を払う霊木とされ、皮膚病の薬として珍重されてました。

347588-768x576

■啓 蟄 
この頃になると、冬の間、土の中で冬ごもりしていた、いろいろな虫が
穴を 啓いて地上へ這い出してくるというところから啓蟄と呼ばれる。
またこの頃は、春雷がひときわ大きくなりやすい時期でもある。
そこで昔の人は、冬ごもりの虫が雷の音に驚いて這い出してくるのだろうと考え
「虫出しの雷」と名付けたりもした。
まだまだ、寒い時節ではあるが、日足も目に見えるように長くなり
日の光の中に春を強く感じるようになる。
ちなみに、「蟄」は「ちゅう」の慣用読みで、虫などが土中にかくれている意。

■春分の日
二十四節気の「春分」そして国民の祝日「春分の日」
お彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。
本格的な春が到来し、秋分とともに昼と夜が同じ長さになる日。
桜前線が北上しはじめるのもちょうどこの頃です。
また、春分の日を中心として前後七日間を「彼岸」と呼び
先祖を供養するためにお墓参りをします。
墓参りの際に「ぼたもち」をお供えする所も多いですが
地域によっては「団子」や「のり巻き」をお供えする場合もあります。
「花冷え」や「寒の戻り」があるので、暖かいと言っても油断は禁物。

昼と夜の長さがほぼ同じになる日が、年に2回あります。
そのひとつが春分の日で、もうひとつが秋分の日です。
別名を「彼岸の中日」といいます。
彼岸とは 春分の日をはさむ、前後の7日間をさします。
そのちょうどなかばに当る春分の日から
冬の寒さが去って春が訪れるといわれ
「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあります。
春分の日には、自然をたたえ生物をいつくしむという意味から
昭和23年に国民の祝日となりました。
春分の日は、春の彼岸の中日にあたり
明治時代には「春季皇霊祭」として定められ
宮中で祖先を祭る日とされていました。

昔の人は、自然に感謝し春を祝福する日だと感じていたようです。
それは、長い間冬眠をしていた動物たちが動き始め
人々もやる気に満ち溢れている時期です。
また、この日の前後にご先祖様への感謝の気持ちを伝えるために
お墓参りに行く習慣もあります。

aflo_ppuc011915

■彼岸
春分、秋分の日をはさむ前後七日間を彼岸と言います。 
初日は彼岸の入り、中心の日は中日、最後の日を彼岸明けといって
合わせてこの七日間は、各寺院、家庭で彼岸会の法要が行なわれます。
「春分の日」は「自然をたたえ生物をいつくしむため」に
また「秋分の日」は「祖先を尊び、亡くなった人をしのぶため」に
国で祝日に定めているように、彼岸は、あの世(彼岸)の死者の
安らかな成仏を願うという意味にあてられています。

晴秋ともに太陽が真東から出て真西に沈む日を
それぞれ、春分の日、秋分の日として、いまは国民の祝日になっていますが
この前後七日間のことをいいます。
春のお彼岸は、「自然をたたえ生物をいつくしむ」意味が強く
秋の彼岸は「祖先を尊び、亡くなった人をしのぶ」意味が強いとされています。
お墓参りはできるだけこの機会にしましょう。家の仏壇もきれいにします。

御萩(おはぎ:萩の餅の略称)の呼び方
春の彼岸…牡丹餅(ぼたもち)。春に咲く牡丹にちなんで。
秋の彼岸…萩の餅。秋に咲く萩にちなんで。 

梅

まだ花の少ないこの時期、真っ先に咲いて気分を明るくしてくれるのが
春告草ともいわれる「ウメ」です。ちょうど顔の高さくらいで花が咲くので
ほのかに甘い香りを感じながら花を楽しめます。
白梅、紅梅、中には八重咲きの品種もあり
なんといっても花の咲く時期が長いのでゆっくりお花見ができます。

その「ウメ」を追いかけるようにして開花が始まるのが「サクラ」です。
代表的な品種のソメイヨシノはウメに比べ二ヶ月近く遅くに咲き始めるのですが
ソメイヨシノはいったん咲き始めると、ウメより早いペースで咲き進んでいきます。
そしてサクラ前線は、先にスタートしていたウメ前線とちょうど津軽海峡付近で並び
デットヒートを繰り広げながらほぼ同じ時期に北海道に進みます。
そのため北海道では春になるとウメとサクラが同時に楽しめることが多いのです。
香りのよいウメと、華やかなサクラ、二つの花を一緒に楽しめるなんて贅沢ですね。

316ae1db

3月に入ると、気象会社などからサクラの開花予想が発表になり
春を迎えるワクワクした気持ちも加速していきますね。
ただ、今年は記録的な寒さの影響で、ウメやサクラなどの開花が
例年より遅くなる可能性が高いです。
ゆっくりと開花した年は花が長く楽しめることが多いようです。

二月・如月 (きさらぎ)の暦

二月・如月 (きさらぎ)

冬の名残がなかなか去らない二月。
「暦の上では、もう春なのに…」
ついついそんなことをつぶやいてしまう寒さですが
梅の木はつぼみを膨らませ、春を告げようとしています。

のんびり梅を眺めれば
遠くから鶯の鳴き声が聞こえてくるかもしれません。

aflo_xvva007690

旧暦2月の異称、如月といい、また「きぬさらぎ」ともいいました。
現在では、ほぼ3月にあたります。
「日本書紀」の仁徳紀の中に、奈良県東部の山中に氷室(ひむろ)を造り
夏には日本酒のオンザロックを飲んでいたという記事があり
その中に「春分(きさらき)」という呼称が用いられています。

語源説はいくつかありますが、寒さを防ぐために衣を
さらに重ねて着る意から衣更着(きさらぎ)に
また陽気が発達する時期であるところから
気更来(きさらぎ)になったというのがよく知られています。
(さらに草木の芽の張り出す月だからこの名がついたという説や
旧暦2月は燕が来る時季であるといわれており去年の旧暦8月に雁が来て
さらに燕がやって来始める月、すなわち
「来更来(きさらぎ)」月が語源だとする説などがあります。)

aflo_wkea002380

如月(きさらぎ) 陰暦2月の異称。
「衣更着」とも書きますが、これは平安末期の歌人藤原清輔(きよすけ)が
その歌論書『奥儀抄(おうぎしょう)』に
「正月のどかなりしを、此月さえかへりて
更にきぬを着れば、きぬさらぎといふをあやまれるなり。
按(あん)ずるに、もとはきぬさらぎ也(なり)」というように
「更に衣を重ね着る」という意に解したことによると考えられます。

江戸中期の賀茂真淵(かもまぶち)は
「木久佐波利都伎也(きくさはりつきなり)」と説き
草木が芽を張り出すという意からできたことばとするが、ほかに
「気更に来る」の義とし、陽気の盛んになることをいうとする説も。
俳句作法上、2月とは異なった点を十分に理解する必要がある
むずかしい季語とされます。 

aflo_rqib005714

*その他の2月の別称

建卯月(けんぼうげつ)・令月(れいげつ)・麗月(れいげつ)・雪消月(ゆきげづき)
梅見月(うめみづき)・梅津月(うめつづき)・初花月(はつはなづき)
木芽月(このめづき)・大壮月(たいそうづき)・小草生月(おぐさおいづき)
中の春(なかのはる)・酣春(かんしゅん)・春半(しゅんはん)
仲陽(ちゅうよう)・仲序(ちゅうじょ)・為如(いじょ)・令節(れいせつ)
降入(こうにゅう)・華朝(かちょう)・美景(びけい)・恵風(けいふう)など。

立春の前日が節分です。節分は四季を分ける日で
かつては立春、立夏、立秋、立冬の四回ありました。
それが立春から年が始まるという考え方から、いつの間にか
節分といえば年が変わる春の節分になりました。
すると節分が一年最後の大晦日になります。
“豆まき”の行事は中国から伝わった追儺(ついな)の儀式と
平安時代に行われていた方違(かたたが)えの豆打ちに由来します。
追儺は「鬼やらい」「鬼走り」「厄落とし」などと呼ばれます。
中国では二千年以上も前から季節の変わり目に疫病や災害
邪気をもたらす鬼を追い払う儀式があり
八世紀初めに遣唐使が日本に伝えました。

aflo_bdga001319

節分は、冬ごもりの暗い気分を一掃し、希望にあふれる春を
迎えたいという庶民の願いが一つの習俗になったと言えます。
また、二月最初の午(うま)の日に、全国的に
稲荷社を祀る初午の行事があります。
これは農作物の豊作祈願が稲荷信仰と結びついたお祭りです。

せつぶん・せちぶんと呼ばれる「節分」は
二十四節気の「立春、立夏、立秋、立冬」の各季節の
始まりの前日のことを指していました。
「節分」とは、節を分ける・季節を分けるという意味があるのです。
江戸時代以降は、特に立春の前日を指して呼ぶようになり
雑節の一つとされています。

img01

二十四節気の、小寒から立春までとされる
大寒の最後の日でもあるため、寒さはこの日あたりが
一番厳しいとされてきました。
季節の変わり目には「邪気・鬼が生じる」と信じられていて
それを追い払う「悪霊払い」の行事が行われます。
節分の日付は毎年「2月3日」ですが、この日付は
1985年から2024年までに限られているそうです。
複雑な話はとても難しいのですが、節分の日付は数十年で
少しずつ変わるらしいですが、立春の前日と言うことでの位置は変わりません。
間接的には天体の運行と、厳密には標準時とも関連するようですが
日本以外の世界の国々には「節分を祝う風習がない」ため
「旧正月」のように日付の違いで話題にはならないようです。
と言うことは、「節分」とは日本特有の行事だということになります。

今年(2019年)の恵方
甲(きのえ)=東北東

aflo_iryb001501

節分招福、立春大吉。
早春は春めいて来て、明るさと希望と元気を含んですぐ側に来ています。
春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)という熟語が ありますが
春風がのどかに吹くさまを表します。
人の性格や態度が陽気でのんびりしているさまもいいます。

寒きに早春の清々しさ
通勤や散歩のいつもの道の木々にもなにか変化のある早春です。
早春の陽ざしは日増しに明るくなり、草木の蕾も柔らかくなり
もう紅に色づいて膨らみ、葉芽も柔らかくなり、春の訪れを感じられる頃。
今も昔も、春の兆しは、何よりも心楽しきことです。
厳しい冬も心の中に、美しい春が近いのを思い描いたら
耐えられるものかもしれません。

aflo_ddya007111

立春 (りっしゅん) 2/4頃
正月節 八節
太陽視黄経 315 度
春の気たつを以て也(暦便覧)
この日から立夏の前日までが春。まだ寒さの厳しい時期ではあるが
日脚は徐々に伸び、九州や太平洋側の暖かい地方では梅が咲き始める頃である。

昔よりとっても大切にされてきた日です。
立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で
「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。
立春を基準に様々な決まりや節目の日があるのを知ってますか。
春…立春から立夏の前日までを言います。冬至と春分の中間にあたります。
この頃、暖かい地方では梅の花が咲き始めます。

雨水 (うすい) 2/19頃
正月中 (睦月:むつき)
太陽視黄経 330 度
陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)
空から降るものが雪から雨に替わる頃、深く積もった雪も融け始める。
春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意味。
草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃です。しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く
大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら春に向かっていきます。
地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると
良縁に恵まれるといわれています。

◆ 初午(はつうま)  
初午(はつうま)は、2月の最初の午の日。
稲荷社の縁日で、雑節の一つとすることがある。
全国で稲荷社の初午本社である京都の伏見稲荷神社の神が降りた日が
和銅4年のこの日であったとされ、全国で稲荷社を祀る。
この日を蚕や牛・馬の祭日とする風習もある。
江戸時代には、この日に子供が寺子屋へ入門した。
本来は旧暦二月の最初の午の日であるが、現在では
新暦2月の最初の午の日とされている。
そのため、元々は春先の行事だったのが
冬の一番寒い時期の行事となってしまった。 

また今では二月最初の午の日とされるが
古来は、立春以降の最初の午の日に行われていた。
2月の2回目の午の日を二の午(にのうま)、3回目を三の午(さんのうま)と言い
これらの日にも祭礼を行う地方や、二の午
もしくは三の午にのみ祭礼を行う地方もある。

本来は豊作祈願が主でしたが、最近では
開運・福徳・商売繁盛をもたらす神として

広く人々にあがめられています。

◆ 旧正月(きゅうしょうがつ)  
旧正月とは旧暦の正月のことで、その年によって日にちは異なります。
二十四節気の雨水(新暦2月19日ごろ)の直前の
朔日(さくび)【新月】が旧暦の元日となり
新暦では年によって1月22日から2月19日までの間を移動することになります。
朔日を元日として始まる新年を大正月といい
15日の望の日(満月)を小正月といいます。

旧正月は中国では春節と呼ばれ、現在でも新年を祝う行事が
新暦の正月よりも盛大に行われます。旧正月を新年として祝う習慣は
韓国や台湾、ベトナム、モンゴルでも見られます。
日本では、1873年(明治6年)1月1日から
新暦(太陽暦/グレゴリオ暦)に改暦された際に
新暦の1月を新年として祝うようになりましたが、沖縄、奄美地方の一部では
旧正月を新年として祝う風習が残っているところもあります。
また、横浜の中華街、神戸の南京町、長崎新地中華街などでは
旧正月に春節の行事が行われ、獅子舞や爆竹は
この時季の風物詩となっています。


aflo_ddya016971

時候の挨拶(2月・如月)

〇改まった手紙
立春、向春、早春、春浅、春雪、春寒、晩冬、残雪、
雪解、余寒、残寒、厳寒、梅花、紅梅、梅月、梅鴬、中陽、節分、寒明け、
(上記を使用する場合は「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかを繋げる)

余寒厳しき折柄
春寒ややゆるみ
寒気は冴えかえり
余寒なお去りがたき折から
立春とは名のみの寒さ
三寒四温の時節
暦の上に春は立ちながら

〇親しい人への手紙
春の陽気が待ち遠しい今日この頃
雪解けの水もようやくぬるみ
梅便りが聞こえる今日この頃
冬の名残りがなかなか去らず
鶯の初音が聞かれる頃となりました
いくらか寒さも緩み
寒さの中にも春の足音が聞こえてきます

aflo_ddya011528

2月の季語

2月は季語が少ないが俳句の上では春の季語が多い。

立春、寒明、初春、早春、春浅し、睦月、旧正月、二月礼者、
ニの替、絵踏、初午、針供養、奈良の山焼、 雪解、雪しろ、
雪崩、残雪、雪間、凍解、氷解、薄氷、沍返る(いてかえる)、
冴返る、春寒、余寒、 春の風邪、春時雨、猫の恋、白魚、
公魚(わかさぎ)、鰔(さより)、野焼く、焼野、山焼く、
末黒の芒(すすき) 麦踏、木の実植う、猫柳、片栗の花、雛菊、
春菊、菠薐草(ほうれんそう)、蕗の薹(ふきのとう)、水菜、 
海苔、獺の祭、鳴雪忌(2月20日、内藤鳴雪翁の忌日)、梅、梅見、
盆梅、紅梅、黄梅、鶯(うぐいす)、下萌、いぬふぐり、菜種御供、
磯竈、若布(わかめ)、バレンタイン、義仲忌、実朝忌、比良八講

aflo_rqib003882 (1)

まだ春は産声をあげたばかり。実際には気温が最も低い時期です。
それでも、一進一退を繰り返しながら、確実にあたたかくなっていきます。
日脚も延び、日差しも明るさをましていきます。
ちょうどこの時期にぴったりなのが「光の春」という言葉でしょう。

俳句では、立春を過ぎると、寒さが厳しくても
「余寒」「残る寒さ」「春寒(はるさむ・しゅんかん)」などといいます。
どんなに冷え込んでも、心は春なのですね。
きっと、気温でしか春を感じることができない人よりも
ずっとたくさんの春に出会うことができるのではないでしょうか。

* Welcome *


*Welcome To My Weblog*

  御訪問ありがとうございます。

  季節や暦に合わせた暮らし歳時記

  興味を持った事柄をPickupしつつ

  不定期に更新しています。

丸窓の秋景色

月の暦☾* Daily Moon *
Ж Moon Calender Ж



* 2019年3月の月暦 *
新月 *  7日 01:04
上弦 * 14日 19:27
満月 * 21日 10:43
下弦 * 28日 13:10

* 2019年4月の月暦 *
新月 *  5日 17:50
上弦 * 13日 04:06
満月 * 19日 20:12
下弦 * 27日 07:18

Ranking
Click Please♪



くる天 人気ブログランキング








RSS
Powered by RSSリスティング
アーカイブ
記事検索
四季の花 * 歳時記

月別生活暦




HTML Color Name
140色がランダムに表示されます。










熨斗と水引

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

* Book recommended *
春宵、半夏生、驟雨
星月夜、虎落笛、風花・・・
美しい日本の言葉
いくつ知っていますか?
四季折々の言葉を写真で綴る
麗しい日本の歳時記


「星のこよみ」


「雨の名前」


「風の名前」


「空の名前」


「色の名前」


「暦の風景」


「美しい日本語の辞典」


「美しい日本の言葉」


「春夏秋冬 暦のことば」


「音のことのは」


「水のことのは」


「雨のことば辞典」


「自然のことのは」


「花とみどりのことのは」


「春・季節のことば」


「夏・季節のことば」


「秋・季節のことば」


「冬・季節のことば」


「月に恋」


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ