月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学...☾*

霜月(11月)

秋が深まり冬に移りゆく季節。

aflo_zoca005560

●霜月(しもつき)

十一月は旧暦で言えば冬、霜が降りると言うので
「霜月」と言うのが最も一般的な呼称です。
また十月が神無月であったのに対し十一月は神々が出雲から帰って来て
それぞれの神社に収まるという意味で「神帰月」「神楽月」などとも言います。

現在では十一月は晩秋、芸術的な香りのする気候であります。
まず「文化の日」があり、文化財保護強調週間、教育文化週間など、
文化の付く行事が多く、十五日には「七五三」があり微笑ましい光景があります。
寒に入る前の最も良い季節と言われています。

秋から冬にかけて心もしっとりする季節。
心が澄み渡るような空気感。
寒さとともに深まる紅葉が目に染み、そして紅葉が散るともう冬です。
立冬を迎え、暦の上では冬となります。
七五三や酉の市で華やぐ中、紅葉から落葉の季節となり
寒い地方には冬将軍が訪れます。
翌年の年賀はがきが発売され下旬には喪中欠礼状が届きはじめます。

aflo_qfha005498

11月は全国的な秋晴れは比較的には多いのですが
別称「霜月」と言うように北の方から寒冷前線が下がってきて
局地的には天候が悪化したり
月中には霜が降りたりすることがあります。
そして立冬を過ぎると冬が駆け足でやって来ます。
健康上も家事の上でも冬支度の準備を怠りなくして置きましょう。 
11月は晩秋から初冬へと季節が移り変わります。
小春日和と呼ばれると呼ばれる暖かな日も訪れますが
立冬(11月7日頃)の頃には北西の季節風である木枯らし1号も吹き始めます。
暖房が欲しくなるのは、朝の最低気温で5~6℃が目安でしょう。
そろそろ暖房器具やコート等の冬支度が必要になってくる時期です。 

時候の挨拶
菊薫る候  晩秋の候  深秋の候  向寒の候  紅葉の候  暮秋の候
初霜の候  霜降の候  初冬の候  小春日和の好季  向寒のみぎり
向寒のおりから  朝晩めっきり寒くなって参りました
穏やかな小春日和が続いております  落ち葉舞う季節となりました
日増しに寒さが加わって参りました

季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。

他の別名
神楽月(かぐらづき) 子月(ねづき)
霜降月(しもふりづき)
雪待月(ゆきまちづき)
建子月(けんしげつ)
暢月(ちょうげつ) 達月(たつげつ)
復月(ふくげつ)
神帰月(かみきづき)
天正月(てんしょうづき)

aflo_loma033113

七十二候  時候  期間    季節の変化に伴う自然現象 

立冬・初冬 初候 11/7~1   ・山茶花の花が咲き始める頃 
初冬    次候 11/12~16  ・大地も凍り始める頃 
初冬    末候 11/17~21  ・水仙の花が咲き始める頃 
小雪・初冬 初候 11/22~26  ・虹もかからなくなる頃 

11月ともなれば、さすがに朝夕は随分冷たいものです。
街路樹の紅葉も美しく、風もないのにはらはらと落葉し
かさこそ乾いた音を立てるのも晩秋の風情ですね。

▪ 立冬の初候、山茶始開(つばきはじめてひらく)
「柴垣を透く日も冬に入りけり」 久保田万太郎
「朝な朝な粥食ふ冬となりにけり」 正岡子規
「山茶花のこゝを書斎と定めたり」 正岡子規

サザンカの花が咲き始める時節。
ここで山茶をつばきと読んでいますがサザンカのことを意味します。
サザンカは朝夕の冷たい空気に誘われるように咲き始め
冬のさなかにも咲き続けます。

▪ 立冬の次候、地始凍(ちはじめてこおる)
大地も凍り始める時節です。
この頃には日も雲も庭も凍りついているように思える日があります。
「凍てきびしかりし名残のある庭に」 稲畑汀子
「里人はしみるといひぬ凍きびし」 高濱虚子
凍るとは水以外のものがこおることをさし
水がこおるのは、氷ると書きます。

▪ 立冬の末候、金盞香(きんせんかさく)
金盞とは、黄金の杯のことで水仙の異名。花央の部分を杯に例えています。
香として、咲くことを意味しているのは水仙の香りをあらわしています。
また冬の寒さの中すっと茎を伸ばした凛とした姿が好ましいものです。
「水仙にさはらぬ雲の高さ哉」 正岡子規

CIMG4410

11月は、1年のうちで最も変化のある月です。
初旬はまだ青空高く秋晴れの好天気が続きますが
立冬を過ぎると、朝晩の気温が下がり寒さを感じるようになります。
中旬には霜が降りはじめ、山野や街路樹の木々が
華やかな黄葉や紅葉の色彩りを濃くしていきます。
下旬は落葉が舞い、初雪の便りも聞かれ
寒い冬の到来が近いことを知らせます。
11月は日本の風土を象徴する月ともいえます。

11月は霜月(しもつき)といいます。
霜月について、平安末期の歌人・藤原清輔(ふじわらのきよすけ)は
『奥儀抄(おうぎしょう)』で、「十一月(しもつき)、
霜しきりに降るゆえに霜降月(しもふりつき)といふを誤(あやま)れり」と
多く霜が降る月が誤って霜月になったと記しております。
11月の霜月説はこの藤原清輔の解釈がほぼ定説になっており
異説はあまりありませんが、陽光が弱まり
ものが「凋(しぼ)む月」、が霜月に転訛したとする説があります。

月の別名としては、冬籠りをする前の雪を待つ「雪待月(ゆきまちづき)」、
雪を見る「雪見月(ゆきみづき)」。
10月に出雲に出向いた神々が帰るので「神帰月(かみきづき)」。
収穫感謝と来年の豊作を願う里神楽が各地で催される「神楽月(かぐらづき)」。
昔の歌舞伎役者は芝居小屋と1年契約で、旧暦11月の興行で
華やかにお披露目するところから「顔見世月(かおみせづき)」。
旧暦11月を「子(ね=ねずみ)の月」とも呼び
子の月1日は芝居の世界では元日でした。
ほかに暢月(ちょうげつ)、建子月(けんしづき)、などがあります。

aflo_sada001135

11月は収穫への感謝と来年の豊作予祝の神楽や
関東でとくに盛んな酉の市、全国規模の七五三の宮参りなどを眼にします。
宮中では最も重儀とされる新嘗祭(にいなめさい)
その前日には秘儀・鎮魂祭などがあります。

酉の市は本来、酉待(とりまち)と云いました。
まちは祭りを意味する古語で、「とりのまつり」の転訛したものです。
大阪の大鳥神社から関東に勧請された鷲(おおとり=大鳥)神社系で
11月の酉の日に行なわれる祭礼です。
酉の日は12日に一度巡ってきます。
たいていは月に二回ですが、一の酉が月初めにあると
二の酉、三の酉まであります。三の酉まである年は活気がありすぎて
火事が多いという俗説があります。

aflo_sqwa027562

また11月に欠かせない年中行事が
7歳5歳3歳の成長を祝う七五三の社寺詣で風景です。
晴着をきて長寿の象徴の鶴亀で彩色された千歳飴を手にする子どもの姿を
現在では全国で見られますが、これも元は関東地方の風習でした。

男子が3歳と5歳、女子は3歳と7歳の年の11月15日に祝います。
本来は数え年でしたが、現在は満年齢が主流のようです。
3歳でそれまで剃っていた髪を伸ばす「髪置(かみおき)」。
子供が白髪になるまで長生きするようにと
白髪に見立てた綿帽子を頭に被せます。
長寿のひとが頭の綿を載せる髪置親を務めます。
5歳が冠を着け、初めて袴をはく「袴着(はかまぎ)」。
袴の腰紐を結ぶ役が袴親で冠をかぶせるのが冠親。
どちらの役も地位の高いひとが務め
とくに冠親は生涯にわたっての後見人と見なされました。
冠を着け“勝負の場”の碁盤の上で吉方を向き
四方を制するための神を拝む儀式も行われました。
7歳が帯解(おびとき)。女子は紐付きの着物から本仕立ての着物と
丸帯の大人の装いになります。この儀式で帯を贈った女性は生涯
母親代わりになると言われます。
7歳になると産土社の氏子として認められました。

それまでの公家や武家社会の儀式は、5代将軍綱吉が行った
子の徳松の祝儀が現在の七五三の由来とされ、江戸中期以降に広まり
明治・大正の頃からさらに盛んになります。

hokyoin2

●『露隠葉月』(つゆごもりのはづき)
露は秋に一番よく見られ、秋という季節を象徴する風物でもありました。   
旧暦11月は、初冬にあたります。   
このころになると葉にかかる露も姿を消してしまいます。  
凍って霜になるからです。

ちなみに「露見草(つゆみぐさ)」は薄(すすき)
「露取草(つゆとりぐさ)」は里芋(さといも)
「露湛草(つゆたえぐさ)」や「露玉草(つゆたまぐさ)」は蓮(はす)の異称。  
どれも、葉に置いた露が美しく映える草花です。

・・・紅葉にまつわる言葉・・・

◆錦秋(きんしゅう)・・・紅葉が鮮やかな織物のような美しさを見せる秋のこと。
◆紅葉狩り(もみじがり)・・・山などに出かけ、紅葉の美しさを楽しむこと。
◆山装う(やまよそおう)・・・秋の山が紅葉によって美しく色づく様子。
◆初紅葉(はつもみじ)・・・初めて目にする色づいた紅葉。
◆照葉(てりは)・・・秋の陽ざしを受けて、照り輝く紅葉のこと。
または照葉樹の葉が紅葉する様子。

aflo_wcza022415

「霜消し」という言葉があります。
これは霜が降る夜の寒さを消すほど暖まるということから
お酒を飲むことをいいます。

霜が降りるほどの朝晩の冷え込みは骨身にこたえるもの。
特に、暖房が十分でなかった時代ではなおさらだったことでしょう。
江戸時代末期の歳時記では「旅人などの朝酒をいう」とあります。
当時の旅人は早朝に発ちますから、最も冷え込む時間。
少しからだを温めてから出発したのでしょう。
のん兵衛さんたちが口実に使った言葉ではないかという気もしますが
それでも、霜夜のしみじみとした風情が感じられて
味わいのある言葉ではないでしょうか。 
冷え込んだ夜「霜消しに一杯どうですか」などと勧められると
つい「それでは…」となりそうです。

Blog Ranking月彩


ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

十月 神無月(かんなづき/かみなづき)

神無月

aflo_rita003903

「神無月」の語源として以下のような説がありますが
いずれにしても「神無」は宛字としています。
醸成月(かみなんづき): 新穀で新酒を醸す月 
神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月 
神な月(かみなづき):「神の月」の意 
雷無月(かみなしづき):雷のない月 

一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため
出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており
出雲では神在月(かみありづき)と呼ばれますが
ただしこれは中世以降、出雲大社の御師が全国に広めた説であり
「神無」の宛字から生まれた附会であるようです。
無というのは水無月と同じく「の」で「神の月」という事だそうです。
出雲では神在月と呼ばれているそうです。

「神在月」は、室町時代の辞書『下学集』にみられるので
かなり古くからこういう話が人々の間にはあったことがわかりますが
『徒然草』の第二〇二段に「十月を神無月と言ひて、
神事にはばかるべきよしは、記したるものなし。
もと文も見えず。但し、当月、諸社の祭なき故に、この名あるか。
この月、万の神達、太神宮(だいじんぐう・伊勢の皇大神宮)へ
集まり給うふなどいふ説あれども、その本説なし。
さる事ならば、伊勢にはことに祭月とすべきに、その例もなし。
十月、諸社の行幸、その例も多し。但し、多くは不吉の例なり。」
(十月を神無月と言って神事を控えるというのは、根拠も出典もない。
十月にお祭りがないから、神無月というのだろうか。
十月は神様たちが伊勢神宮に集まるという説もあるけれど
それも根拠がない。
そうであるなら10月に伊勢神宮で
祭祀が行われてもよいはずなのに、そうでもない。
しかし、十月にはミカドが伊勢に行幸されることも多いが
だいたいは不幸がらみである。)

aflo_jaza004018

吉田兼好は、この時代、神無月には伊勢神宮に神々が集まるという
話があったことを伝えていますが、出雲には触れていません。
出雲大社の大国主大神は、古くから
「だいこくさま」の俗称で慕われていましたが
特に中世の末頃より交通手段の発達や生活の向上につれ、民衆の間に
「出雲大社参拝」が急速に広まっていきました。
この頃に出雲大社からも社家の人々が御師(オシ)として
「大国主大神」の神徳を説き御神札を授付しながら諸国を巡って
全国に「神在月」を広めたのだという説があります。

また、十月は縁起の良い月と考えられ
「吉月」「良月」「陽月」「大月」とも名づけられました。
旧暦の「神無月」は、冬の初月とされていますが、暖かい日も多いことから
「小春」(しょうしゅん)、「小陽春」、「極陽」など穏やかな名もつけられました。

10月は雷の鳴らなくなる月から「雷無月(かみなづき)」と言うのは
江戸時代の国学者荷田春満(かだのあずままろ)の説です。
雷の発生を名古屋気象台調べますと、7~9月がピークで
10月より極端に少なくなり1月が最少となっています。
この統計から見ると「雷無月」もうなずけます。
しかし北陸、金沢気象台では夏より冬場の方が多く雷が発生しています。

aflo_vrwa027376

「神無月」と「神在月」について 
■神さまが無い月と書いて「神無月(かんなづき)」
■神さまが在る月と書いて「神在月(かみありつき)」

全く正反対の意味ですが、これは全国の八百万(やおよろず)の神様が
一部の *留守神様* を残して出雲大社(島根県出雲市)へ
会議に出掛けてしまうことに由来します。
「10月は神在月」という人は出雲地方出身の方かもしれません。

神無月(かんなづき/かみなづき)、神去月(かみさりづき)、神有月/神在月(かみありづき)
醸成月(かみなんづき)、神嘗月(かんなめづき)、鏡祭月(きょうさいげつ)
鎮祭月(ちんさいづき)、雷無月(かみなかりづき)、孟冬(もうとう)、初冬(しょとう)
早冬(そうとう)、開冬(かいとう)、上冬(じょうとう)、新冬(しんとう)、亥冬(がいとう)
建亥月(けんがいげつ)、方冬(ほうとう)、立冬(りっとう)、霜先(しもさき)
初霜月(はつしもづき)、定星(ていせい)、小六月(ころくがつ)
小春(しょうしゅん/こはる)/小春月(こはるづき) 、小陽春(しょうしょうしゅん)
時雨月(しぐれづき)、木の葉月(このはづき)、御忌(おいみ)、応鐘/応章(おうしょう)
陽月(ようげつ)、極陽(きょくよう)、坤月(こんげつ)、正陰月(せいいんづき)
大月(たいげつ)、大素(たいそ)、吉月(きつげつ)、良月(りょうげつ) など

aflo_iryb002054

【寒露(かんろ/10月8日)】
二十四節気の一つで10月8日ごろ。
この日から霜降までの期間。
朝露を踏むと一段と冷たくなり、秋の深まりゆく季節。
太陽黄経が195度のときで、露が冷気によって凍りそうになる頃。

「寒露(カンロ)」とは、野の草に宿る露のことを言いますが
1年を24に区分した古い中国の暦法、「二十四節気」では
秋分から15日目を「寒露」と言います。10月8、9日頃にあたりますが
秋の長雨が終わるこの頃、野山では木の葉が色づき始めます。
穀物の収穫が一番忙しい時期です。

【霜降(そうこう/10月23日)】
二十四節気の一つで10月23日ごろ。この日から立冬までの期間。
太陽黄系が210度のときで、露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
楓や蔦が紅葉し始めるころ。この日から立冬までの間に吹く
寒い北風を木枯らしと呼びます。

aflo_laze003003

【ハロウィン(10月31日)】
ハロウィンはカトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩に行われる
英語圏の伝統行事。
諸聖人の日の旧称All Hallowsのeve(前夜祭)であることから
halloweenと呼ばれるようになりました。
ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされています。
ケルト人の一年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり
精霊や魔女が出てくると信じられていました。
これから身を守るために仮面を被り、魔よけの焚き火を焚いていました。
蕪(かぶ)をくりぬいた中にロウソクをたて「ジャック・オー・ランタン」
(お化け蕪・イギリスやアイルランドでは蕪を使いましたが
移民の多いアメリカでは刻みやすいカボチャを利用するようになりました)
を作り魔女やお化けに仮装した子供たちが
「トリック・オア・トリート」
(Trick or treat お菓子をくれないといたずらするぞ)と唱えて
近くの家を1軒ずつ訪ねます。
家庭では蕪のお菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り
ハロウィン・パーティを開いたりします。

aflo_rcba004033

         
■秋祭りの由来
澄んだ空の下で秋祭りのお囃子(オハヤシ)や
太鼓の音が聞こえると、胸がはやるものです。
秋祭りは、豊かに実った農作物の収穫に感謝し
神様にお供えを捧げる祭事です。
地域の氏神のご神徳を讃え、五穀豊穣・無病息災・家内安全を
祈る祭りとして発展し
神輿(ミコシ)の渡御(トギョ:お出ましのこと)や奉納太鼓、
獅子舞などが賑やかに行なわれ、地域の親睦を深めます。  

■神輿(ミコシ)
神輿(ミコシ)は神様の乗り物で、威勢のいい掛け声とともに
練り歩く神輿かつぎは、祭りの主役です。
祭りの日、神様は神輿にうつされて、氏子に担がれて氏子区域をまわるのですが
神輿をかつぐと魔が払われるとされています。
また、上下に「ワッショイ、ワッショイ」と振り動かすのは、「神輿振り」と言い、
神の霊力をまき散らす動作と言われています。  

yjimage
       
■半被(ハッピ)とはち巻き
祭りの時に着る「半被(ハッピ)」は、もともと印半天(シルシバンテン)という
職人の仕事着です。背中に描かれた大きな紋で
どこの神社の祭りかがわかり、そろいの半被を着ることで
祭りの一体感が高まります。また、はち巻きを頭に結ぶのは
神聖な神輿を担ぐ際に不浄な頭を隠すためだそうです。
 
■神嘗祭(カンナメサイ)
10月15~17日、伊勢神宮では「神嘗祭(カンナメサイ)」が行なわれます。
これは、その年に採れた新米を神様に捧げて感謝するもので、
伊勢神宮の年間千数百回もある祭儀の中で、最も重要な祭りとされています。
「神々の正月は神嘗祭」とも言われ、伊勢神宮では神嘗祭の時に
祭り器具などをできる限り新調するそうです。

aflo_isya006654

今月の草木花
コスモス 野原薊(のはらあざみ) 富士薊(ふじあざみ) 杜鵑草(ほととぎす)  
藪蘭(やぶらん) 鶏頭(けいとう) 金木犀(きんもくせい)  野紺菊(のこんぎく)

■一雨一度
冬から春への気候変化を「三寒四温」と言いますが
秋から冬にかけては「一雨一度」と言い、ひと雨降るごとに
1度ずつ気温が下がって、秋が深まることを表します。
低気圧が通過する時に雨が降り、その後気温が下がるためで
 ひと雨降るごとに寒さが増し、野山に紅葉が始まります。    
       
■錦秋(キンシュウ)
山々が華やかに色づき始める晩秋を、錦織(ニシキオリ)のように美しい秋
「錦秋(キンシュウ)」と言います。深紅から朱赤、橙色、黄色と
さまざまな色に染まる秋の紅葉の美しさを
豪華で美しい織物に見立てたことから来ています。
色鮮やかな美しい織物や衣服を表す言葉、
「錦繍(キンシュウ)」を用いる場合もあります。

2
   
■紅葉狩り
明け方の最低気温が8~9度以下になった頃、カエデやモミジ類の葉が紅葉し始め
標高の高い山の方から里の方へ色鮮やかに染まってきます。
紅葉を求めて、里から野山に分け入ることを「紅葉狩り(モミジガリ)」と言います。
「狩る」という言葉にはもともと、果物を取る
草木を眺めるという意味があるそうです。

紅葉(もみじ)
秋も深まってくると、緑色であった草木が、露や、湿気を含んだ寒気にあたり
赤、黄、褐色などに変化します。このことを古語では「もみつ」「もみず」と言い
これが名詞化され「もみじ」になりました。
色よく染まった草木すべてを「紅葉」と言いますが、最も一般的になったのが
「楓」(かえで)の葉で、次第に「もみじ」として親しまれるようになりました。
京都の「嵐山」、大和の「龍田川」のほとり等に、この「楓」を植林し
美しい「紅葉」の名所が生まれました。また、見事な紅葉の群生する
深山幽谷の山々に、猟師が獲物を追って向かうことを「紅葉狩り」と言いました。
「紅葉狩り」は、どこまでも自然美を追っていきたいとする日本人の心情に合い
能や歌舞伎、長唄などでも演じられるようになりました。

aflo_ezgb000499

秋晴れ
夏の猛暑が過ぎ、すがすがしく晴れわたった空を「秋晴れ」と言います。
「天高く馬肥ゆる秋」と言う言葉もあるように
春の「五月晴れ」とは、また違った気持ちよさがあると言われています。
一方「女心と秋の空」とも言うように、変わりやすい天気とあって
観測上「秋晴れ」の日は、意外に少ないとも言われています。

衣替え
日本では6月と10月に衣替えが行われることが多いです。
あくまでも習慣なので強制的に替えなければならないという訳ではありませんが
学校においては強制的に替えなければなりません。
10月1日の衣替えは夏服から冬服へとかわる日。
平安時代には天皇や公家社会で行われていた習慣で
江戸時代ごろから衣替えは6月1日と10月1日に行われるようになり
太陽暦採用後は、官公庁・企業・学校で旧暦の日付」をそのまま新暦に移行して
6月1日と10月1日に行われるようになりました。

肌寒(はださむ)
秋も深まり冷気が肌に寒く感じられることです。
この頃には日中は暖かいのに夜になると寒くなります。
また、この秋の半ばから末にかけての寒さを「漸寒(ややさむ)」といい
この「漸(やや)」は、次第にとか徐々にという意味になります。
また、何となく寒かったり、わけもなく寒いのが「そぞろ寒(そぞろさむ)」。
さらにどことなく寒いという風に、寒さを特定できない寒さを
「うそ寒(うそさむといい、「うそ」は「薄」から転じた接頭語で
「うすら寒い」という感じの言葉です。
どれも深まる秋の寒さを表しています。

aflo_qczb001872

◆10月の暮らし 
運動会/紅葉狩り/ 秋祭り 
栗ご飯/読書/いわし雲/スポーツ  
菊人形/新米/秋の七草/月待ち 

◆10月の花   
秋桜(コスモス)/金木犀(キンモクセイ)/あざみ/けいとう
りんどう/マリーゴールド/白詰草(しろつめくさ) 
  
旬の食材 
かぼちゃ/しめじ/くわい/松茸/栗/柿  
鰆(さわら)/鰹(かつお)/秋刀魚(さんま)

◆時候の挨拶 
秋涼の候  清秋の候  秋雨の候  寒露の候  秋晴の候  
紅葉の候  錦秋の候 秋冷の候  菊薫る頃  秋たけなわの頃  
清秋のみぎり  日増しに秋も深まり  
稲も豊かに実り 秋色もようやく濃くなって参りました
秋の味覚が楽しみな季節になりました 

aflo_gmvb005777


Blog Ranking月彩


ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss
* Welcome *


*Welcome To My Weblog*

  御訪問ありがとうございます。

  季節や暦に合わせた暮らし歳時記

  興味を持った事柄をPickupしつつ

  不定期に更新しています。

丸窓の秋景色

月の暦☾* Daily Moon *
Ж Moon Calender Ж



* 2018年10月の月暦 *
下弦 *  2日 18:45
新月 *  9日 12:47
上弦 * 17日 03:02
満月 * 25日 01:45

* 2018年11月の月暦 *
下弦 *  1日 01:40
新月 *  8日 01:02
上弦 * 15日 23:54
満月 * 23日 14:39
下弦 * 30日 09:19

Ranking
Click Please♪



くる天 人気ブログランキング










RSS
Powered by RSSリスティング
アーカイブ
記事検索
四季の花 * 歳時記

月別生活暦




HTML Color Name
140色がランダムに表示されます。










熨斗と水引

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

* Book recommended *
春宵、半夏生、驟雨
星月夜、虎落笛、風花・・・
美しい日本の言葉
いくつ知っていますか?
四季折々の言葉を写真で綴る
麗しい日本の歳時記


「星のこよみ」


「雨の名前」


「風の名前」


「空の名前」


「色の名前」


「暦の風景」


「美しい日本語の辞典」


「美しい日本の言葉」


「春夏秋冬 暦のことば」


「音のことのは」


「水のことのは」


「雨のことば辞典」


「自然のことのは」


「花とみどりのことのは」


「春・季節のことば」


「夏・季節のことば」


「秋・季節のことば」


「冬・季節のことば」


「月に恋」


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ