月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学...☾*

九月 長月

長月(ながつき) 

kosumosu20_20120902132810

9月は「長月」と呼ばれていますが
これは「夜長月」の略とも言われています。
これはまだ旧暦を使っていた頃の話で
9月は現在の10月~11月頃に当たります。
その結果9月というのは日が沈み夜が長くなっていく時期でも
あったことから「夜長月」と考えられたんですね。
他にも長月の由来はお米の稲刈りの時季であることから
「稲刈り月」という言葉が「ねかつき」となり
その言葉が濁って「ながつき」となったという説もあります。

また、稲関係の由来説であると「稲熟月」「穂長月」から
由来しているのではないかというものもあります。
他に秋雨を原因として
「長雨月」から来ているのではないかという説もあります。
「長月」の「長」という言葉は稲穂がすくすく長く伸びていくようにという
意味もあるのではないかとも言われていますが
やはり最有力候補としては最初に挙げた
「夜長月」が一番広く伝えられていますし
しっくりくるのではないでしょうか?

9月には長月の他にも色々な呼び方があります。
例えば紅葉の季節と重なるところからその鮮やかな色をみて
「色取月」「紅葉月」「紅樹」と呼ばれたりしています。
他にも菊が咲き出す時期であることから「菊開月」「菊月」と呼ばれたり
秋が深くなることから「晩秋」「暮秋」「末秋」などもあります。
他にも面白そうなものを簡単に挙げるとしたら、
「玄月」「寝覚月」「竹酔月」「祝月」「詠月」「末垂」などがあります。

9月はまだ暑い日が続きますが、中旬をすぎると朝晩は涼しくなり
しのぎやすくなってきます。空気も爽やかになり
食べ物がおいしい実りの秋を迎えます。

1

◆防災の日/9月1日
1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を
忘れないという意味と、この時期に多い台風への心構えの意味もこめて
1960年(昭和35年)に制定されました。この日に地震や災害に備えて、
避難訓練が多くの場所で行われます。また非常時に備えて
防災用品などのチェックもこの時期にしておきたいもの。
(この頃は暦の上では立春から数えて210日、特に「二百十日」と呼びます。
丁度稲の開花時期にあたり強風が吹き荒れることに
注意を促したものといえます)
制定の前年には伊勢湾台風が襲来していました。

◆ 白露(はくろ)  
秋の気配が次第に色濃くなり、昼夜の寒暖の差が大きく
草木に朝露が付きはじめる頃の節気。
新暦9月8日頃。燕が南に帰る支度をはじめる頃で
「燕帰る」「帰燕(きえん)」は秋の季語。
   
◆ 重陽の節句(ちょうようのせっく)  
旧暦9月9日の節句。五節句の一つで、菊の節句、重九(ちょうく)、
お九日(おくんち)とも呼ばれる。陽数(奇数)が重なるめでたい日。
古来中国ではこの日に小高い山に登り、長生きの効能があるとされる
菊の花を浸した菊酒を飲んで不老長寿を願う風習があった。
これが奈良時代に伝わり、平安時代には宮廷行事として定着。
江戸時代以降、秋の収穫祭と結びつき「お九日」として庶民にも広まった。
九州北部の秋祭りとして知られる「長崎くんち」「唐津くんち」などは
「お九日」に由来するとされる。

img_kikumizake1_20120902132809
   
◆ 秋分(しゅうぶん)  
二十四節気の一つで、旧暦9月23日頃。
春分と同じくこの日に昼夜の時間が等しくなり、この日を中日として
前後3日の計7日間が秋の彼岸にあたる。
先祖の墓参りをし、邪気を祓うとされる小豆を使った
「おはぎ」をそなえてたべる。
秋分の日は、1948年に「先祖を尊び、亡くなった人をしのぶ日」として
法律で制定されました。この時期を境にして夏の暑さも終わりを告げ
秋が深まり始めます。
   
◆ 秋の社日(あきのしゃにち)  
雑節の一つで、秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。
春の社日と同じく土地の守護神を祀る日で、秋の社日には
神様に初穂を供えて収穫を感謝する。

◆ だんじり祭(だんじりまつり)    
大阪の和泉、河内、摂津地域のほか
神戸、奈良など関西地方で行われる祭礼のこと。
だんじりが登場することが特徴の祭り。
だんじりとは山車(だし)のことで「楽車」、「壇尻」とも書く。
中でも大阪府岸和田市で行われる「岸和田だんじり祭り」は全国的に知られ
だんじりを曳いて走り、猛スピードのまま
方向転換する勇壮な「やりまわし」が見どころ。
江戸時代、岸和田城内三の丸稲荷神社に
五穀豊穣を祈願した稲荷祭りが起源とされる。
長らく新暦9月14日と15日の両日に行われていたが
2006年(平成18年)から
敬老の日(9月第3月曜日)の直前の土日に催されるようになった。
関西に秋の到来を告げる祭り。
   
◆ 敬老の日(けいろうのひ)  
9月の第三月曜日は「敬老の日」です。
この前身になっているのは、1947年(昭和22年)
兵庫県多可郡野間谷村の村長が提唱した「としよりの日」。
昭和26年から全国的に祝われるようになった「年寄りの日」。
これが昭和41年に「敬老の日」と改称され
国民の祝日のひとつとなりました。
2002年までは9月15日でしたが、2003年から
成人の日・体育の日と同様、移動祝日となりました。
敬老の日には、お年寄りのいる家庭では、お年寄りを中心に祝い膳を囲んだり
贈り物をさしあげるなどするのが一般的な祝い方です。
また、敬老の日に忘れてはならないのは、老人と同居して
その面倒を見てくれている兄弟・姉妹、その配偶者への感謝です。
老人への贈り物をするとき、一緒にねぎらいの気持ちを
表現してあげたいものです。 

aflo_hnca005373
   
◆ おわら風の盆(おわらかぜのぼん)    
富山県富山市八尾町で、毎年9月1日から3日にかけて行われる行事。
雑節の二百十日(新暦9月1日頃)の頃は昔から台風がやってくる時期で
その被害を除けるための「風祭り(かざまつり)」が各地で行われた。
風の盆もその一種といわれ、元禄時代、町の商人が
藩主の前田利常から拝領した「町建て」のお墨付きを
引越し先へ持って行ってしまっていたのが、町に返還されたことを祝って
町民が3日間踊り明かしたのが起源とされている。
おわら節の囃子に乗って、編笠に浴衣姿の艶やかな女踊り
はっぴ姿の勇ましい男踊りが行列を作り、胡弓の調べとともに静かに踊る。
風の盆が終わると、この地にも秋が訪れる。

◆ 台風(たいふう)  
日本では、古くは野の草を吹いて分けるところから
野分(のわき、のわけ)といい
11世紀初頭の『枕草子』『源氏物語』などにもその表現を見ることができる。
歌人の与謝野晶子は「台風」と題したエッセイに
「台風と言う新語がおもしろい」
「野分には俳譜や歌の味はあるが科学がない。」と書いた。 

aflo_gtfb107847
   
◆ そぞろ寒(そぞろさむ)  
「冷やか」よりも強く、また、晩秋になって覚える寒さを表す
「やや寒」(秋の季語)よりも柔らかに感じる秋の寒さ。秋の季語。
本格的な冬の寒さ寂しさを迎える前の、覚悟の決め際の寒さか。 
   
◆ 冬隣(ふゆどなり)  
秋も終りになると、日差しも薄く弱くなって冬の到来が近いことを感じる。
季節は日々少しずつ巡るが、ある日ついに
冬の隣にやってきたかと思うようなとき。
同じ頃の秋の季語に「冬近し」「冬を待つ」などがある。

◆ 秋の時候のあいさつ 
初秋の候、清涼の候、秋涼のみぎり、秋の気配が感じられる頃、
野山も秋色をおび、虫の声も美しく、スポーツの秋を向かえ、など。
手紙を書く際には時候のあいさつを使うときは
頭語である「拝啓」「謹啓」などに続けます。
はがきの場合は頭語を省略してもかまいません。
時候の挨拶は、目的や相手との関係によって、丁寧な表現や
親しみやすい表現などを使い分けるのが肝要です。
時候のあいさつの後に、先方の安否を気遣う文句を続けます。
たとえば、ますますお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
皆様いかがお過ごしでしょうか、などです。
時候のあいさつと安否を気遣う言葉が
一般に手紙やはがきの「前文」となります。

aflo_iryb004136

◆ 9月の季語 
初秋・新秋・新涼・清涼・孟秋 ・初秋の候
新秋のみぎり・秋の七草も咲きそろい など 

■9月の七十二候

禾乃登(こくものすなわちみのる)
稲が稔る

草露白(くさのつゆしろし)
草の葉に白い露が宿る

鶺鴒鳴(せきれいなく)
せきれいが鳴くようになる

玄鳥去(つばめさる)
つばめが南へ去って行く

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
雷が鳴らなくなる

蟄虫戸(むしかくれてとをふさぐ)
虫が地中に巣ごもりする

aflo_rqib011430



Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

八月 (葉月)

八月は、古来濁らず「はつき」と言ったそうです。
木々が紅葉し落葉することから「葉月」となった。 
また旧暦では七月から九月までを秋としていて八月は真ん中で仲秋になる。
だからこの時期のお月見を「仲秋の名月」という。
八月は別名「月見月(つきみづき)」とも言っていたそうです。

aflo_gbya000367

『奥義抄』によると木々の葉がそろそろ散り落ちる頃なので「葉落月」
これを略して「はつき」となったとしている。
『類聚名物考』では、秋を知らせる雁が初めて渡ってくる月
つまり「初来(はつき)月」だと説明している。

語源は、新暦では九月上旬から十月上旬の秋にあたるため
葉の落ちる月「葉落ち月」が転じて「葉月」になったとする説。
稲の穂が張る月「穂張り月」「張り月」から「葉月」になったとする説。
北方から初めて雁が来る月なので
「初来月」「初月」から「葉月」になったとする説などがある。
「葉落ち月」の説が有力にも思えるが
必ずしも漢字がそのまま残るとは限らず
当て字の可能性もあるため正確な語源は未詳。

aflo_kzdg001954

秋風月/仲秋/清秋/木染/雁来月/燕去り月
月見月(つきみづき) 桂月(かつらづき)
木染月(こそめづき) 壮月(そうげつ) 竹春(ちくしゅん)

旧暦の八月は、仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。
最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから
月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し
「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 
他に、「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 
山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)
涼しくて露がたまる月と言うことで「白露」の名称も あります。
また、雁(がん)が飛んできて、燕(つばめ)が去っていくと言われることから
「雁来月」(がんきづき)、「燕去月」(えんぎょづき)とも言われています。

aflo_ahrb001863

・異名
秋風月(あきかぜづき)、雁来月(かりきづき)、観月(かんげつ)
木染月(こぞめつき)、荘月(そうげつ)、竹春(ちくしゅん)
仲秋(ちゅうしゅう)、月見月(つきみつき)、紅染月(べにそめづき)など

残暑、晩夏、秋暑、夕立、土用波、盆踊り、雲の峰、蝉しぐれ、線香花火、虫の音 

晩夏の候 暁夏の候 処暑の候 残暑の候 残夏の候 立秋の候晩暑の候 
秋暑の候 新涼の候 残炎の候 暮夏の候 初秋の候

◆立秋
二十四節気の一つで、今の暦では八月八日頃にあたります。
暦の上では、秋に入るわけですが、まだまだ暑い日が続きます。
「立秋」を過ぎてからの暑さを「残暑」と呼び、手紙などの挨拶も
「暑中お見舞い・・・・」から「残暑お見舞い・・・・」に変わるときとされています。
朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日。
立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。
暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく
1年で最も気温が高くなる時期です。
この頃は、月遅れのお盆を前に各地で夏祭りが開催されます。
まだまだ夏のレジャーを楽しむ頃ですが、よく観察してみると
秋の気配を感じることができます。
夏の風と秋の涼やかな風が混在し始めます。
空を見上げると、巻雲など秋の雲も見えます。

IMG_2847

◆処暑
暑さが和らぐという意味。
二十四節気のひとつで、立秋から数えて十六日目を言い
毎年八月二十三日頃にあたります。
「処暑」とは「暑さの処(お)るところ」ということで
「止暑」の意味と言われています。
つまり「暑気が去って止まる頃」となります。
また、この日は「三伏の候」(さんぷくのそうろう)とも言われ
夏の極暑の期間の三伏目(末伏)が終わる日とされ
この日から秋の気配が濃くなると言われています。

萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山間部では
早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。
この頃は台風のシーズンでもあり
二百十日、二百二十日とともに台風襲来の特異日です。
夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので
まだまだ注意が必要です。
夏の家具や雑貨を片づけ、秋の準備を始める目安にしましょう。

img01

八月は、暑さもまだ激しく、熱中症など
深刻な症状をもたらしやすい時期でもあります。
各地で祭りが行われ、お盆には迎え火を焚いて先祖を迎えます。
先祖を送る送り火は京都の五山の送り火が有名ですが、
自宅で送り火を焚く場合や灯籠流しを行うところなど、
地方によっても様々な方法があります。
また、お盆の期間中に先祖が乗り物として使用できるよう
「精霊馬」と呼ばれるキュウリやナスで作られた動物を用意する地方もあります。
これは、キュウリは馬に見立て、少しでも早く帰って来られるよう
ナスは牛に見立て、あの世へ戻るのが少しでも遅くなるようという
願いが込められているとも言われます。
日本では、先祖を供養する大切な季節でもあります。

古来より、お正月とお盆は一年を2期に分けて
それぞれの開始期にあたってご先祖様の霊をお迎えする
「魂祭り(たままつり)」いわゆる「命のおまつり」として行われてきました。
日本人が最も大切にしてきた「万物の命を尊ぶ」ための年中行事です。

皆さんも暑さ対策には色々と工夫をされていることと思います。
中医学では『夏の五臓は"心"(しん)を司る』と言われ
心の機能が活発になることから、めまいや動悸、熱射病などに注意が必要になり
心臓にも負担がかかりやすい季節だといわれています。
また夏の性質を"炎熱"といい、外気の高温を指すだけではなく
カラダやココロに起こる変化をも表しているそうです。

aflo_iryb002596

夏バテ解消法
夏の暑さにはからきし弱くて…という方のために
快適に夏を過ごす秘策と、冷房病対策などについて。

■夏バテってそもそも何? 
夏バテとは、高温多湿な日本の夏に身体がなんとか対応しようとして
しきれなかった結果「だるくて疲れやすい、食欲がない」といった症状が起こる
いわば夏の身体の不調の総称です。
つまり極論を言ってしまえば「夏のカラダの不調は全部夏バテ」
といっているようなものなのです。

■夏バテの原因
「夏のカラダの不調が夏バテ」ですから当然夏ばての原因は一つではないのです。
伝統的な夏バテの原因は、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り
大量の発汗、睡眠不足といったものです。
暑いからといって冷たいものをたくさん飲んでしまうと胃液が薄まり
消化機能が低下して食欲が落ちるといった悪循環も指摘されています。 

■今の夏バテと昔の夏バテの違い
最近の夏バテ原因は昔ながらの
「暑さによる食欲低下」といったものだけではないのです。
むしろ、今の夏ばてに大きく寄与していると考えられるのが「冷房」。
つまり、冷房の効いた室内と熱い外との温度差に身体がうまく対処できず
カラダが混乱して自律神経失調状態になること。
これが現在の夏ばて対策を一番難しくしていると考えられるのです。

aflo_bqma050329

1.冷房温度をうまく調節
冷房のきいた室内と蒸し暑い外を往復すると身体はその変化についてゆけません。
5度以上の温度差に対しては、身体の温度調節機構はうまく働かない
と覚えておきましょう。冷房温度は省エネの面からも28度がオススメ。

2.こまめに上着を脱ぎ着する
といっても公共機関の冷房はどうしょうもないですし
オフィスの冷房もなかなか自分ひとりでは変えられない…というのも事実。
はおりものを一枚持ってこまめに脱ぎ着しましょう。

3.冷房よりも除湿、扇風機をうまく使う
湿度が低いと涼しく感じるので「冷房より除湿」を心がけましょう。
さらに風があると体表から熱が奪われて涼しくなるので
扇風機を併用するのもオススメ。冷房の向きは、直接体を冷やさないように
風向きは天井に向けるのがポイント。
直接冷たい風が体にあたるようにすると
体の表面の熱が奪われつづけることになってしまうので体が疲れてしまいます。
同様に扇風機も首を振るようにしましょう。

4. 寝る前に冷房はタイマーをかける
寝ているときにずっと冷房がかかっていると身体に負担がかかります。
タイマー設定にしましょう。

5.安眠には頭を冷やす
全身を冷やさなくても、頭が冷えるとそれだけで涼しく感じます。
冷えるタイプの枕を使ったり、裏ワザとしては風邪用の頭を冷やすシートを
使ったりするとかなり涼しく感じます。
敷ぶとんの上に竹シーツや寝ござを敷くと身体と布団の間に隙間ができて
体感温度が下がり、涼しく感じます。


img_438292_9557455_0

6.冷たい飲み物のがぶ飲みはNG
暑いと食欲が低下しがち。でも冷たい飲み物を取りすぎると
胃液が薄まり消化機能の低下を招いてしまいます。
オススメはぬるめのミントティー。
ミントには食欲増進や、胃や腸の消化、働きを高める作用などの
効果があるといわれていますし、爽快感もあります。

7.少量でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る
夏ばて防止に効果的な食事のとり方は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを
バランスよく摂るようにすることです。
たとえ少量でも質の良いものを食べることが重要。
ビタミンの中でも特に重要なのは糖質の代謝を助けるビタミンBなので
これを積極的に摂りましょう。
豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。

8.刺激の強い食べ物を味方にする
胃腸を刺激すると食欲が増進します。
胃液の分泌を促す食べ物には、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。
辛いものは、発汗による夏ばて防止効果も期待できます。
スパイスいっぱいのカレーは実は薬膳料理という話も。
ただし食べすぎは胃腸を痛めるのでほどほどに。
レモン・お酢などの酸味も食欲増進、疲労回復効果があります。

aflo_hplb003771

9.夏太りに注意
最近夏ヤセよりも夏太りする人が増えているとか。
これは今までの夏ばてのイメージを引きずって冷房の効いた部屋にいるのに
ついつい食べてしまっていることが原因のよう。
しかも夏の食事は冷えたものが多くなりますが
実は冷えたものは油分も甘味も感じにくいので要注意。
夏に定番の冷やし中華やビシソワーズは意外と油分、カロリーが高いので
ちょっと気をつけてくださいね。また同じ理由で
夏のデザートのアイス、プリンなどもついつい食べ過ぎてしまうのでご注意を。
「暑いから身体が持たないし、いっぱい食べなきゃ」というのは過去の話かも…。
バランスの良い食事をしましょう。

10.上手に汗をかく
汗をかくのはカラダの温度調節のためにもとても重要。
しかも、血流も良くなる、老廃物も出てゆくという効果もあります。
暑いからといって身体を動かさないとうまく汗をかくことができなくなります。
涼しい夕方などにちょっと歩いてみるなど、適度な運動をしましょう。
半身浴などでゆっくりぬるめのお風呂につかるのもよいでしょう。
好みのアロマオイルをたらしたりすれば、リラックス効果も高まります。
お風呂後のストレッチも血流促進効果と筋肉をほぐす効果があるのでオススメ。


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

涼を奏でる風鈴

風鈴は日本の夏の風物詩です。
夏の暑い時期に風に揺れて響く風鈴の音色に日本では風流を感じます。

風に仰がれてチリンと鳴るさまは、暑い夏を涼しくしてくれます。
ひと昔前までは、日本の夏の家の軒下などに吊り下げられていましたが
冷房が主流になった現代では、風鈴を用いる家は減ってきているといいます。
それでも、どこからか風鈴の音色が聞こえてくると『夏がきたな』と
夏の訪れを感じる人は少なくないのではないでしょうか。

hinnyari_furin

風鈴(ふうりん)

風鈴の起源は中国です。家の四方に鐘を吊るし魔除けとしました。
また、竹林に玉片をかけてその音で風を占ったりしていたようです。
古代中国では風鐸(ふうたく)と呼ばれていましたが
鎌倉時代に法然によって風鈴という名前が命名されたのだそうです。

ふうたく

日本では江戸時代から屋台を引く風鈴売りが見られるようになりました。
日本の風鈴は種類も豊富で、南部風鈴や高岡風鈴はリーンと高く鳴り
ガラス製の江戸風鈴はチリチリチリと鳴ります。
透き通った音色は暑い夏に心地よい涼を呼び
日本では一般に涼しげな音と表現されてきた音です。

現在は、日本の各地で金属(鉄、銅)、ガラス、陶器、木、木炭、水晶など
様々な材質の様々な形状の風鈴が作られています。
鉄製のものには、岩手県の南部風鈴。銅製は富山県の真鍮製の高岡風鈴、
神奈川県の砂張(さはり)製の小田原風鈴があります。
ガラス風鈴は「江戸」で作られていたことから
昭和40年頃、「江戸風鈴」と名付けられました。
文献によると、ガラス製の風鈴が登場したのは
享保年間(1700頃)とされています。

furin_0169-653x435

代表的な風鈴は、『江戸風鈴』と『南部風鈴』です。
江戸風鈴は、多くの人が目にしたことのある、ガラス製のもの。

南部風鈴は鉄製でできており、まさに昔ながらの風鈴です。

江戸風鈴は鈴のサイズが3つ、形が4つとさまざまで
理論上では大きく12種類あるといわれています。
そのため、なかにはひょうたんのような形をした風鈴やしんすい
すずらんなどの形も存在します。

スタンダードな形はやはり丸みを帯びた小丸風鈴。

南部風鈴にも、やかた・金色堂・三重奏など種類はさまざま。
音色も、形によって異なります。

風鈴0

風鈴のおもしろいところは、使用している素材によって
さまざまな音を奏でるということです。
風鈴というと、鈴虫のようにチリンチリンと鳴る印象が強いですが
実際は素材によっていろんな音があります。 

たとえばガラス製の風鈴(江戸風鈴)は、ガラスの繊細で綺麗な音がします。
多くの人がイメージしている『風鈴の音』といっても良いでしょう。

一方で鉄製の風鈴(南部風鈴)は、ひとつの音が長く響き渡るのが特徴です。
鉄製というとフライパンや鉄なべの音をイメージしがちですが
想像よりも優しく綺麗な音がします。
より長く音を感じられるのも南部風鈴でしょう。

風鈴1

風鈴は軒下に吊るすのが一般的ですが、マンションや
アパート住まいなどの場合には近隣の方に配慮して
外には吊るさないという方も多いかと思います。
そんなときにはカーテンレールにS字フックを引っ掛けて風鈴を吊るしたり
ドアチャイムのように使用してみてはいかがですか?
風や人が通るたび、風鈴の心地よい音色が家族を癒してくれることでしょう。

また、吊るす場所がないけれど風鈴を飾りたいという場合には
風鈴スタンドを使ってみるのもおすすめ。
スタンドを使えば机や棚など好きな場所に置くことができるのはもちろん
すぐに収納することもできちゃいます。風鈴とセットで販売されているものも
スタンドのみ販売されているものもありますので、チェックしてみてください。

心地よい音色を奏でる風鈴。
しかし、マンションや住宅地など家が密集している場所では
自分にとっては快適であっても、近所の人からは
うるさいと思われてしまうこともあるかもしれません。
風鈴の音を邪魔なものにせずトラブルを避けるため
風鈴を外で楽しむのは昼間だけにして
夜には取り込んでおくことをおすすめします。


風鈴 12種類聴き比べ



津軽びいどろ風鈴
津軽びいどろ風鈴


琉球硝子風鈴
琉球硝子風鈴


江戸風鈴
 江戸風鈴


諏訪がらす風鈴
 諏訪がらす風鈴


奈良瑠璃風鈴
 奈良瑠璃風鈴


薩摩切子風鈴
 薩摩切子風鈴



Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss
* Welcome *


*Welcome To My Weblog*

  御訪問ありがとうございます。

  季節や暦に合わせた暮らし歳時記

  興味を持った事柄をPickupしつつ

  不定期に更新しています。

月の暦☾* Daily Moon *
Ж Moon Calender Ж



* 2017年9月の月暦 *
満月 *  6日 16:03
下弦 * 13日 15:25
新月 * 20日 14:30
上弦 * 28日 11:53

アーカイブ
Ranking
Click Please♪



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

blogram投票ボタン

くる天 人気ブログランキング






[ 旧 MemoryBoard ]





記事検索
四季の花 * 歳時記

月別生活暦




HTML Color Name
140色がランダムに表示されます。












熨斗と水引

facebook






Twitter
「月を見て暦を知り星と宙を楽しむ。  旧暦で季節を感じ和の暮らしを見直し尊ぶ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
Powered by RSSリスティング
* Book recommended *
春宵、半夏生、驟雨
星月夜、虎落笛、風花・・・
美しい日本の言葉
いくつ知っていますか?
四季折々の言葉を写真で綴る
麗しい日本の歳時記


「星のこよみ」


「雨の名前」


「風の名前」


「空の名前」


「色の名前」


「暦の風景」


「美しい日本語の辞典」


「美しい日本の言葉」


「春夏秋冬 暦のことば」


「音のことのは」


「水のことのは」


「雨のことば辞典」


「自然のことのは」


「花とみどりのことのは」


「春・季節のことば」


「夏・季節のことば」


「秋・季節のことば」


「冬・季節のことば」


「月に恋」


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ