月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学...☾*

1月睦月 初春月

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
睦月

■睦月
親族が互いに往来し、仲睦まじく宴をする月であるからといわれています。
また、稲の実を初めて水に浸す月を指す「実月(むつき)」から
転じたという説もあります。

季節:晩冬(ばんとう) ※小寒から立春の前日まで。

■1月の他の別名
祝月(いわいづき)
始和(しわ)
正月(しょうがつ)
早緑月(さみどりづき)
年端月(としはづき)
太郎月(たろうづき)
王春(おうしゅん)
建寅月(けんいんげつ)
初春月(はつはるづき)

年の始めをことほいで初春という。
旧暦の年の始めは、二十四節気の「立春」のころにあたったので
「初春」と呼んで祝った。新暦に変わって冬に正月を迎えるようになっても
旧暦の名残から年の始を「初春」と呼ぶ。

寒い冬のさなかに訪れる新年を、初春(はつはる)・新春・迎春などと
「春」をつけて呼ぶのはなぜでしょうか。
それは、明治5年まで用いられていた旧暦においては
立春の前後を年始としていたため、その習慣が残っているからです。

旧暦においては、雨水(うすい:立春の約15日後。現在の2月19日頃)の
直前の朔(さく:新月)の日を元日と定めていました。
よって昔の元日は立春の約15日前から約15日後の間のいずれかの日に訪れました。
旧暦では、新しい年と新しい春が、まさに同時期に訪れていたのです。

新年を寿ぐ(ことほぐ)意味で用いられる「春」の語は
他の様々な語と結びついて、和歌や俳句で用いられてきました。
明の春(あけのはる)、今朝の春、花の春、千代の春、
四方の春、老の春(おいのはる)あたりが代表的ですが、国の春、江戸の春、
家の春、宿の春など、様々な用い方が出来ます。

なお「初春」を「はつはる」ではなく、「しょしゅん」と発音する場合は
新年の季語ではなく、立春からの約1か月間を指す春の季語となります。
1e3f3ff7

日本人にとって元旦には特別な意味があります。
それは去年が今年になったというだけでなく
すべてが新たに一から始まるという日で、この世にあるものは
みな新しい生命を持ち、生まれ変わると信じられてきたからです。
私たちも毎年正月を祝うことで自分を新しい人間に生まれ変わらせていきます。

元旦の「元」はもと、つまり源ということです。
一年が円還し、原点回帰して新しく復活する日なのです。
お正月行事は、新しく降臨された歳神様をお迎えし
一年の無事に感謝して、今年一年の豊作と家族の幸せを願うための
連日接待の儀であると同時に、農耕社会での生産共同体である
家族や地域との結束を図り、神様をもてなす儀式を通じて
人を見つめなおし、生き方を再確認して、次代に伝承していく
重要な意味をもっています。
aflo_ppua037016 (1)

◎正月とは
本来は、一年の最初の月のこと。
年神様(としがみさま)をお迎えする行事のことで1月の別名でもあります。
現在は年頭の祝いをする三が日(一年の最初の日である元日から3日まで)や
松の内(元日から7日または15日まで)をさすのが一般的。
「正」には「年の始め」という意味があります。

正月は家に年神様をお迎えする行事。年末に煤払い(すすはらい)をしたり
正月に門松やしめ飾りを飾るのは
いずれも年神様をお迎えするための準備です。

日本では古くから季節の節目に先祖を奉り
五穀豊穣を祈る習慣がありました。
特に新しい年を迎える正月は、盛大に行われてきたようです。
現在のように、しめ飾りや鏡餅などを飾るようになったのは
江戸時代に入ってからのようです。
元旦には、宮中や全国の神社で歳旦祭(さいたんさい)がおこなわれます。
【年神様(としがみさま】
新年の神様。「正月様」「歳徳神(としとくじん」ともいいます。
年の始めに、その年の作物が豊かに実るよう
家族みんなに幸せをもたらすために
高い山から降臨してくると考えられていました。
また、昔亡くなった人の魂は山の神になり、正月に年神様となって
子孫の繁栄を見守ってくれるのだとも考えていました。
つまり、年神様は祖先の神様でもあり、農耕の神様でもあるわけです。

年神様は、正月の間、それぞれの家に滞在されます。
神社と同じように、玄関に注連縄(しめなわ)を飾るのは
そこが、神様がいらっしゃるのにふさわしい神聖な場所であるということ。
大掃除もそのためのものです。きれいにしましょう。

元日(がんじつ)と元旦(がんたん)
元日は1月1日の意味ですが「元旦」は1月1日の朝のことをさします。
※間違って使いがちですので、気をつけましょう。
年神様が降臨するのは元旦、つまり1月1日の朝ですので
くれぐれも、新年早々お昼まで寝ていた、なんてことがありませんように。
b58708fd

◆小寒(しょうかん)
1月5日頃(2018年は1月5日)。
および大寒までの期間。
太陽黄経285度
冬至 から数えて15日目頃、冬至 と大寒の中間。
寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のこと。

小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい
寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。これから冬本番を迎えます。
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
※立春が「寒の明け」になります。
この日から、寒中見舞いを出し始めます。

◆大寒(だいかん)
1月20日頃(2018年は1月20日)。
および立春までの期間。
太陽黄経300度
小寒から数えて15日目頃。冬の季節の最後の節気。

寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。
小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたります。
寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます。
また「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物
(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込むのに最もよい時期とされています。
aflo_ouka000143

『初空月』(はつそらづき)  
旧暦正月の異称

元日の空のことを「初空」といいます。   
初日の出を拝まなくても「初空」を眺める人なら多いのではないでしょうか。   

人は未来に思いを馳(は)せるとき、遠く彼方(かなた)に目をやるもの。  
これから始まる一年を思いやり、自然と空を仰ぐ人が増えることと思います。   
1月が、『初空月』と呼ばれるようになったのは
そんな理由もあってのことかもしれません。    

正月の空の色は、ひときわ美しく見えます。   
「初」という文字を冠して、眺めるからでしょうか。   
空だけではありません。   
年が明けて初めて見るもの、聞くもの、すること…  
どんなものにでも「初」をつけることができるといってもいいくらいです。
昨日までと、突然何かが変わるわけではないのですが…。  

新年を迎えた瞬間、そうやって私たちは心をリセットしてきました。   
初心を忘れないために。  
新鮮な気持ちで見なれた風景を見つめ直すために。   
そして何よりも…
より多くの思い出を容れるためのスペースを空けておくために…。

和風月名
※旧暦正月の別名です。現在の暦では二月頃にあたります。
睦月、 祝月、 太郎月、 年端月、 子日月、 初春月、 嘉月
建寅月、 早緑月、 霞初月、 暮新月、 元月、 三微月
泰月、 端月、 初空月、 眤月、 陬月
aflo_cavd000161s

◆~ 文例・例文・手紙の書き方 ~
年が明けて1月になると時候の挨拶を送ると思います。
季語の入った時候の挨拶は風流な文章に見えます。

■時候の挨拶 * 1月■

「正月」「初春」「新春」「孟春」
「厳冬」「極寒」「小寒」「大寒」

「降雪の候」「酷風の候」「大寒の節」
「厳寒のみぎり」「酷寒のみぎり」

「いよいよ寒気がつのり」「寒気厳しき折柄」
「星も凍るような寒い夜」「例年にない寒さ」
「寒気ことのほか厳しく」「霜柱を踏んで」

「雪の晴れ間」「積雪は軒につかえ」
「初春とはいえ」「冬来たりなば春遠からじ」
aflo_zkua004992

◆七十二候
一年を五日ごとに分けることで、自然界の微妙な変化を感じ取れる暦。
それぞれの季節にふさわしい名を付けて時候の移り変りを表しています。

芹生ず(せりしょうず):1月6日~10日頃
芹(せり)/一ヵ所にせり(競)合って生えることから「せり」。 
中国では二千年前から食用に、日本でも古事記に登場、万葉集には
春の野遊びとして芹が詠まれています。

水泉動く(すいせんうごく):1月10日~14日頃
水泉とは地中から湧き出る水のこと。
凍りついた地中の泉が、かすかに暖かさを含む時季。
しかし地上はまだまだ厳寒の季節です。

雉子始めて鳴く(きじはじめてなく):1月15日~19日頃
雉子(きじ)/1947年、日本鳥学会において国鳥に選定。
日本では昔からただ単に「とり」という場合「雉」を指していたそうです。
低木林や草原に棲み、雄はけんけんと勇ましい声、
雌はちょんちょんと優しい声で鳴くとか。

蕗の花咲く(ふきのはなさく):1月20日~24日頃
蕗の薹(ふきのとう)/蕗の薹は蕗の花茎。
素揚げ、花が開いたように美しく揚げて春の味を。
花が咲く前、地面から出てきた直後くらいの柔らかいうちがベスト。
愛らしくて美味しいこの時季の山菜の代表です。

水沢腹く堅し(さわみずあつくかたし):1月25日~29日頃
沢に厚く硬い氷が張りつめるという意味です。
流れ動く沢の水をも凍りつくほど、一年でも最も寒い時季が続きます。

12月師走の暦

今年もいよいよ12月です。
「師走」「年の瀬」「歳末」「年末」などと呼び習わされていますが
師走の言葉には、どこか人の暮らしを慌ただしくさせる
追い立てられるような切迫感があります。

aflo_rcba004732

元来「師走」は陰暦12月の別称ですが、必ずしも陽暦12月そのものに
ぴったりと重なるものではありません。しかし、他の陰暦の名称に比べて
「師走」は現代生活にすっかり浸透していて
新聞、テレビ、ラジオなどでも頻繁に使われています。
法師(僧)や教師までもが駆けずり回るほど忙しくなるという説が有力ですが
語源については異説があり、「師趨(しすう)」
「為果つ(しはつ)」などからの転訛ともいわれております。
師走12月には「極月」「臘月」「春待月」
「梅初月」「三冬月」などの異名もあります。

十二月の、最も一般的な名称、師走(しわす)。
一年の区切りをつけて、新年を迎えるということから
十二月はとても忙しいとされています。
禅師(ぜんじ)とよばれる普段は落ち着き払った偉いお坊さんまで
忙しさのために走り回る、ということから
「師走」という名が付いたと言われています。
また、一年の最後の月、という意味から「極月」(ごくげつ)、
「窮月」(きゅうげつ)、「除月」(じょげつ)とも呼ばれています。
他に、「師走」は、旧暦では冬の最後の月にあたるので
「残冬」、「晩冬」、「暮冬」、近づく春への期待を込めて
「春待月」、「梅初月」等の名称もあります。

僧がお経をあげるために東西を馳せることから
「師が馳せる月」→「しはせつき」→「しわす」となったといわれています。
「師」は「僧」を指すのが一般的。
「馳せる」は「走る。急いで行く」という意味です。

季節:仲冬(ちゅうとう) ※大雪から小寒の前日まで。

937e8e8a

●12月の異名
茶月(さげつ) 弟月(おとづき)
健丑月(けんちゅうげつ)
極月(ごくげつ) 厳月(げんげつ)
限月(かぎりのつき)
窮月(きゅうげつ) 臘月(ろうげつ)
茶月(さげつ) 親子月(おやこづき)
春待月(はるまちづき)
暮古月(くれこづき) 

●時候の挨拶
寒冷 歳末 霜夜 初冬 師走 新雪 年末 初雪 初霜
(最後に「~の折」「~の候」「~のみぎり」のいずれかを付けて使用します)

● 初冬の折、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます
● 師走のみぎり、ご家族様にはお元気でお過ごしのことと存じます
● 早くも年の瀬を迎え、ご繁忙のことと拝察し大慶に存じます

12月は、一年の締めくくりの月。
日中の明るさも日に日に短くなり、寒さもだんだん厳しくなっていき
冬を実感します。年の瀬に向かって慌(あわただ)しさが増していき
年末の大売出し、お歳暮、忘年会、クリスマスなどの行事も続きます。

aflo_74502736

お正月を迎えるための「正月事始め」もあります。
この日には正月の神の歳神(としがみ)を迎えるため
屋内や神棚の煤(すす)や埃(ほこり)の汚れを落とす「すす払い」を行ないます。
そして山に入って門松や正月飾りの草木を採りにいく
“松迎え”の習慣がありました。

12月の旧暦名は誰もが知っている「師走」です。
昔は各家で、その年内に知らずに犯してしまった罪障を
懺悔(ざんげ)し消滅を祈願するため僧侶を招く
仏名会(ぶつみょうえ)という法会を営んでいました。
平安末期の『奥義抄』に、「僧をむかへて経を読ませ
東西に馳(は)せ走るが故に、師走月といふ(略)」とあり
12月は師が走りまわる師走(しはし)り月が師走(しわす)になった
とする説が一般的です。この師とは、伊勢の神宮始め著名な神社やお寺の
新しい暦や神札を配布し、新年の参詣の勧誘をして
宿泊などの世話をする御師(おんし)(またはおし)のことを
指すという説もあります。

もともとこの“師走”は語源不詳とされておりますが
『日本書紀』に「十有二月(しはす)」
『万葉集』には「十二月(しわす)」とあり、古来、十二月の数字を表記して
“しわす”と呼んでいました。師走とは後世の当て字なのです。
ほかに、1年の終わりの12月は万事を為(し)終えるので“為終(しわ)の月”
年が果てるので“年果(としは)つ月”
四時(四季)の1年が極まったので“四極月(しはつづき)”、などが
“しわす”になったとする説があります。
他の月名に、極月(ごくづき)、親子月(おやこづき)、春待月(はるまちづき)
臘月(ろうげつ)、茶月(さげつ)、三冬月(みふゆつき)、弟月(おとづき)
限月(かぎりのつき)、などがあります。

aflo_heqa002523

12月は、北半球での太陽の高さが最も低くなり
一年中で夜が一番長くなる冬至があります。
旧暦から新暦に変わっても、天体作用の冬至の日は変わりません。
古代中国では冬至から新年が始まりました。
太陽の力が最も弱まり万物が衰える冬至を、新たな復活の起点としたのです。
西洋のクリスマスも「太陽が蘇る日」の冬至祭が起源と云われます。
日本ではこの日に、ゆず湯に入りかぼちゃや小豆粥を食べ無病息災を祈ります。

冬至は重要な意味を持つ日ですが、古くから伝わる宮中祭祀があります。
「新嘗祭(にいなめさい)」と、その前日に行なわれる
秘儀・「鎮魂祭(みたましづめのまつり)」です。

■冬至(とうじ)
12月22日頃(2012年は12月21日)。
および小寒までの期間。太陽黄径270度。大雪から数えて15日目頃。

太陽が軌道上の最も南に来るときで
夏至と反対に、夜が最も長く昼が短い日。
夏至から徐々に日照時間が減っていき、南中の高さも
1年で最も低くなることから
太陽の力が一番衰える日と考えられてきました。
冬至は「日短きこと至る(きわまる)」という意味。
中国では、この日から新年の始まる日で、先祖を祀る習俗があります。 

冬至は暦の上でいう二十四節気の1つで、立冬から45日後
大雪から15日後に当たります。今年は12月22日になります。
北半球では太陽が最も遠ざかり、正午の太陽の高さが最も低く
日照時間が1年の中で最も少ない。
つまり1年で最も昼の短い1日になります。
この頃から寒気が一段と厳しくなることから
「冬至冬なか冬はじめ」とも言われたりもします。
冬至には、中風や風邪よけと称して“冬至南瓜”を食べたり
万病よけに“柚子湯”に入ったり風習が今も広く行われております。
南瓜は冬場に不足しがちなカロチンやビタミンが多く含まれた
栄養価の高い野菜で、冬場までの保存を促すこともあったのでしょう。 
また柚子には菖蒲などと同様、すっきりした香りに効験の思いが込められ
皮膚を強くする作用もあるといわれています。

touji2

※一陽来復(いちようらいふく)とも言います。
冬至のことを一陽来復とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。
中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、11月になると陽の気が復活し
冬至を境に長くなっていくとされています。つまり、衰えていた太陽の力が
再び勢いを増してくるというわけ。そのため、新年が来るという意味の他に
悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味も込められているのです。
良くないことが続いている人も、冬至が来たら
「さあ、これからは良いことがどんどんやって来る」
と気持ちを切り替えましょう。
そういうきっかけを与えてくれる日でもあるのです。
早稲田の穴八幡などの神社では「一陽来復」のお守りが配られます。

aflo_sqwa035100s

寒さはこれからが本番。風邪をひかず、健康に過ごせるように
昔の人達は冬至の行事を考えました。
料理では、南瓜(かぼちゃ)の料理や小豆粥(あずきがゆ)が代表的です。
南瓜は栄養がたっぷりで小豆粥も体を内側から温めると共に
お粥の中の小豆が厄払いになるそうです。
また“ん”がつく野菜も運気を高めるために良いとされてきました。
昔は南京(なんきん)と呼ばれた南瓜を
蒟蒻(こんにゃく)等と一緒に煮た煮物やケンチン汁を食べたりもします。
蒟蒻も体の毒素を流し、芯から温まることが出来るため
これからの寒さを健康に過ごすためには良いと思います。
柚子をお風呂に浮かべて体を温めたり
香りで癒されたりするのもいいですね。

冬至は重要な意味を持つ日ですが、古くから伝わる宮中祭祀があります。
「新嘗祭(にいなめさい)」と、その前日に行なわれる
秘儀・「鎮魂祭(みたましづめのまつり)」です。

●12月8日 事始め(事納め)
今年1年に感謝の意をこめて道具を片付け、新年を迎える準備を始める日。
“事”を年ととらえる地方では、12月8日が「事始め」で
2月8日を「事納め」といい、“事”を農業ととらえる地方では
12月8日が「事納め」で2月8日を「事始め」といいます。

今年使い古した針を豆腐やもちなどに刺して供養する「針供養」の風習も
着物時代の大切な道具を片付けるための行事で
12月8日または2月8日に行われます。

年内にやるべきことをリストアップし、仕事も家事も段取りよく進めましょう。
年賀状、おせち、ぽち袋など、新年を迎える準備を本格的にスタート!

houki200

●12月13日  すす払い
お正月に年神様を迎えるために1年間の汚れを落とす行事で
いわゆる大掃除です。江戸城で12月13日に行っていたことに由来し
家屋や神棚を清める正月準備として定着しました。
この日を「事始め」とする地方もあります。

年末に慌しく大掃除をするのではなく、13日ごろから
計画的にとりかかるのが賢いやり方。汚れを隅々まで取り払うと
年神様がたくさんのご利益をもってきてくれるそうです。
天気の良い日に段取りよく片付けてしまえば
年の瀬に慌てることなく気分良くお正月が迎えられます。

「煤掃(すすは)き」とも「煤取(すすと)り節供(せっく)」とも云われた
この行事は古くから見られ鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡(あずまかがみ)』や
室町時代の公家日記『親長卿記(ちかながきょうき)』などにも記されています。
すす払いには竹竿の先に藁(わら)や笹をくくり付けた「
すす梵天」という道具を使いました。
すす払いの後はこれを祭具として屋外に立てかけ
、注連縄(しめなわ)を張ってご神酒や団子を供え
正月が過ぎて正月飾りと一緒に左義長(どんと焼き)のときに燃やします。

囲炉裏(いろり)で薪(まき)や炭を燃やし、照明に油や
ローソクを使っていた時代とくらべて
住居(すまい)の環境も良くなった昨今では
信仰的な行事のすす払いから年末の大掃除になりました。
それでも年末には各地の寺社での、伝統的な儀式としての
すす払いを新聞やテレビで眼にします。
現在ではお歳暮を早い時期から取り扱いますが
本来はこのすす払いを終え、歳神を迎える準備ができてから贈るものでした。

正月には歳神とともに祖霊も迎えます。
お歳暮は、嫁いだ女性や分家をした者たちが、正月に実家や本家で
祀る祖霊に対しての供え物を届ける習慣が、いつの間にか
お世話になったひとへの贈り物へと変わっていきました。
品物には紅白の水引を蝶結びにして贈ります。

aflo_vzla000128s

●12月中旬  お歳暮
嫁いだ娘や分家のものが、お正月用のお供えものを
本家に届けたのがお歳暮の起源。昔はお正月にも
先祖の霊が帰ってくると考えられていたのです。
そのため、すす払いをして神様を迎える準備ができた
12月13日からお歳暮を贈るとされていました。

現代は本家に限らず、日頃の感謝の気持ちをこめて
12月初め~25日頃までに届けますが
(関西では12月13日頃~25日頃)それ以降は次のようになります。
・新年~1月7日(=松の内)/ 関西では新年~1月15日(=小正月)→「お年賀」
・それ以降2月4日ごろ(=立春)まで →「寒中お見舞い」「寒中お伺い」

早めにお歳暮の手配をすませておきましょう。
配送してもらう場合が多いのですが、手渡しできれば理想的です。
頂く側はお礼状も準備しておきましょう。

aflo_blaa008159

●12月下旬  歳の市
クリスマスが過ぎると一気にお正月ムードに。
商店街や市場にお正月商品や生鮮食料品が勢ぞろいし
寺社には正月飾りや乾物などを売る市が立ち並びます。
デパートなどの歳末大売出しも歳の市と称するものが多いですね。
お正月に向けて下着、靴、鍋などの日用品を新しくするのは
お清めの意味があるからです。

門松、注連飾り、鏡餅などの正月飾りは
29日は「二重苦」「苦立て」「苦松(=苦が待つ)」に通じ
31日は葬儀と同じ「一夜飾り」で縁起が悪いことや
年神様をお迎えするのに一夜限りでは失礼なことから
26日~28日または30日に飾ってください。

必要なものを調達するだけでなく、露店や市場の賑やかさは年の瀬の風物詩。
どれにしようか迷ったり、値切ったりするのも楽しみのひとつです。
買い物リストをもってぜひ出掛けましょう。良いものを安く調達でき
買い忘れてもまだ日があるので慌てなくてすみます。

SJ99068122

●12月31日  大晦日
毎月の末日を晦日(みそか)といい、1年の最終日だから大晦日です。
お正月準備を済ませたら、家族揃って年越しそばを食べ
除夜の鐘が聞こえてきたら今年ももうおしまいです。

お正月の生鮮食料品以外は、大晦日までに準備するつもりで。
除夜の鐘をつかせてくれる所も多いので、事前に問合せてみてはいかがでしょう。

●年越しそば
1年の締めくくりに、そばのように細く長く
長寿であるように願って「年越しそば」を食べます。
年越しそばを食べるのは、月末にそばを食べる
「みそかそば(晦日蕎麦/三十日蕎麦)」という風習が
大晦日だけに残ったもので、江戸時代の町人の間で始まったといわれています。
また、年越しそばにはさまざまな呼び名と言い伝えがあります。

【寿命そば】
そばのように長くのびる(長生きできる)。
【運気そば】
鎌倉時代、博多の承天寺が町人にそばを振舞ったところ
翌年からみんなの運気が上がった。
【福そば】
金銀細工師が散らかった金粉を集めるのに
そば粉を練った団子を使うので、そばは金を集める縁起物。
【縁切りそば】
そばがよく切れるように、1年の労苦を忘れられる。

そばに付き物のねぎは「ねぐ」といって
「祈る」「労う」という意味もありますから、ぜひ入れてください。

soba

晴れた日は陽の光の暖かさを感じる頃ですが
7日の大雪を過ぎる頃からはグッと冷え込みます。
12月はせわしなく忙しい季節ですが
1年で一番賑やかで楽しい季節でもあります。
木枯らしに負けず、お体には充分に気をつけてお過ごしください。

冬至を境として長くなる日の中には「寒さ」とはいいながらも
光の春に向けて一歩一歩進んでいく希望が感じられます。
どうぞお健やかにお迎えらになられる新年、初春でありますよう
お祈りしております。
* Welcome *

*Welcome To My Weblog*

  御訪問ありがとうございます。

  季節や暦に合わせた暮らし歳時記

  興味を持った事柄をPickupしつつ

  不定期に更新しています。


月の暦☾* Daily Moon *
Ж Moon Calender Ж



* 2021年12月の月暦 *
新月 *  4日 16:43
上弦 * 11日 10:36
満月 * 19日 13:35
下弦 * 27日 11:24

* 2022年1月の月暦 *
新月 *  3日 03:34
上弦 * 10日 03:11
満月 * 18日 08:48
下弦 * 25日 22:41

* 2022年2月の月暦 *
新月 *  1日 14:46
上弦 *  8日 22:50
満月 * 17日 01:56
下弦 * 24日 07:32

Today's Moon phase

Ranking
Click Please♪



くる天 人気ブログランキング










RSS
Powered by RSSリスティング
アーカイブ
記事検索
四季の風景 * 歳時記


熨斗と水引



HTML Color Name
140色がランダムに表示されます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

* Book recommended *
春宵、半夏生、驟雨
星月夜、虎落笛、風花・・・
美しい日本の言葉
いくつ知っていますか?
四季折々の言葉を写真で綴る
麗しい日本の歳時記


「星のこよみ」


「雨の名前」


「風の名前」


「空の名前」


「色の名前」


「暦の風景」


「美しい日本語の辞典」


「美しい日本の言葉」


「春夏秋冬 暦のことば」


「音のことのは」


「水のことのは」


「雨のことば辞典」


「自然のことのは」


「花とみどりのことのは」


「春・季節のことば」


「夏・季節のことば」


「秋・季節のことば」


「冬・季節のことば」


「月に恋」


QRコード
QRコード