月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学...☾*

十月(神無月)

神無月(かんなづき/かみなづき)

旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が
縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり
他の国には神様が不在となるからだそうです。
神様が集まる出雲の国では、10月は神在月(カミアリヅキ)と呼ばれます。
実際には10月は伊勢神宮の神嘗祭(カンナメサイ)を始め
全国各地で神社の秋祭りが盛んに行なわれています。

aflo_ngfa002699

この月、古くから、日本の神々が島根県の出雲大社に集まる
と信じられていましたので、出雲の国は「神在月」(かみありづき)
その他の神社では神々がいなくなってしまうと言うことから「神無月」
または「神去月」(かみ さりづき)と言われました。
この「神無月」が最も一般的な名称とされていますが「鎮祭月」「鏡祭月」など
神々に縁のある呼び名もつけられました。
また、十月は縁起の良い月と考えられ
「吉月」「良月」「陽月」「大月」とも名づけられました。
旧暦の「神無月」は、冬の初月とされていますが、暖かい日も多いことから
「小春」(しょうしゅん)、「小陽春」、「極陽」など穏やかな名もつけられました。

神無月(かんなづき/かみなづき)、神去月(かみさりづき)
神有月/神在月(かみありづき)、醸成月(かみなんづき)
神嘗月(かんなめづき)、鏡祭月(きょうさいげつ)
鎮祭月(ちんさいづき)、雷無月(かみなかりづき)、孟冬(もうとう)
初冬(しょとう)、早冬(そうとう)、開冬(かいとう)、上冬(じょうとう)
新冬(しんとう)、亥冬(がいとう)、建亥月(けんがいげつ)、方冬(ほうとう)
立冬(りっとう)、霜先(しもさき)、初霜月(はつしもづき)、定星(ていせい)
小六月(ころくがつ)、小春(しょうしゅん/こはる)/小春月(こはるづき)
小陽春(しょうしょうしゅん)、時雨月(しぐれづき)、木の葉月(このはづき)
御忌(おいみ)、応鐘/応章(おうしょう)、陽月(ようげつ)
極陽(きょくよう)、坤月(こんげつ)、正陰月(せいいんづき)
大月(たいげつ)、大素(たいそ)、吉月(きつげつ)、良月(りょうげつ) など

aflo_isya006654

「神無月」の語源として以下のような説がありますが
いずれにしても「神無」は宛字としています。
醸成月(かみなんづき): 新穀で新酒を醸す月 
神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月 
神な月(かみなづき):「神の月」の意 
雷無月(かみなしづき):雷のない月 

一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため
出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており
出雲では神在月(かみありづき)と呼ばれますが
ただしこれは中世以降、出雲大社の御師が全国に広めた説であり
「神無」の宛字から生まれた附会であるようです。
無というのは水無月と同じく「の」で「神の月」という事だそうです。
出雲では神在月と呼ばれているそうです。

「神在月」は、室町時代の辞書『下学集』にみられるので
かなり古くからこういう話が人々の間にはあったことがわかりますが
『徒然草』の第二〇二段に「十月を神無月と言ひて、
神事にはばかるべきよしは、記したるものなし。
もと文も見えず。但し、当月、諸社の祭なき故に、この名あるか。
この月、万の神達、太神宮(だいじんぐう・伊勢の皇大神宮)へ
集まり給うふなどいふ説あれども、その本説なし。
さる事ならば、伊勢にはことに祭月とすべきに、その例もなし。
十月、諸社の行幸、その例も多し。但し、多くは不吉の例なり。」
(十月を神無月と言って神事を控えるというのは、根拠も出典もない。
十月にお祭りがないから、神無月というのだろうか。
十月は神様たちが伊勢神宮に集まるという説もあるけれど
それも根拠がない。そうであるなら10月に伊勢神宮で
祭祀が行われてもよいはずなのに、そうでもない。
しかし、十月にはミカドが伊勢に行幸されることも多いが
だいたいは不幸がらみである。)

吉田兼好は、この時代、神無月には伊勢神宮に神々が集まるという
話があったことを伝えていますが、出雲には触れていません。
出雲大社の大国主大神は、古くから
「だいこくさま」の俗称で慕われていましたが
特に中世の末頃より交通手段の発達や生活の向上につれ、民衆の間に
「出雲大社参拝」が急速に広まっていきました。
この頃に出雲大社からも社家の人々が御師(オシ)として
「大国主大神」の神徳を説き御神札を授付しながら諸国を巡って
全国に「神在月」を広めたのだという説があります。

また、十月は縁起の良い月と考えられ
「吉月」「良月」「陽月」「大月」とも名づけられました。
旧暦の「神無月」は、冬の初月とされていますが、暖かい日も多いことから
「小春」(しょうしゅん)、「小陽春」、「極陽」など穏やかな名もつけられました。

aflo_rita003903

10月は雷の鳴らなくなる月から「雷無月(かみなづき)」と言うのは
江戸時代の国学者荷田春満(かだのあずままろ)の説です。
雷の発生を名古屋気象台調べますと、7~9月がピークで
10月より極端に少なくなり1月が最少となっています。
この統計から見ると「雷無月」もうなずけます。
しかし北陸、金沢気象台では夏より冬場の方が多く雷が発生しています。

十月の別名で一番有名なのが神無月です。
一般には、日本全国の神様が毎年10月に出雲国に集まるので
神様が留守になるから「神無月」で、出雲国だけが「神在月」といわれていますが
神無月の無は「の」を意味する格助詞「な」で神を祭る「神の月」、
新穀で新酒を醸す月であることから醸成月(かみなんづき)、
新嘗(にいなめ)の準備をする月であることから神嘗月(かんなめづき)など
一年の収穫を神様に感謝する月というのが本来のようです。

aflo_qczb001872

秋の深まりを感じる爽やかな季節。
四季のうつろいが美しい日本では季節ごとに楽しむ習慣やならわしがあります。
あらためて楽しむことで毎日を丁寧に暮らすことの意味が見えてきます。 

お米や野菜・果物の多くが実りの時期を迎える10月。
カラッと晴れる日が多い一方、一雨ごとに気温が下がると感じられることから
一雨一度ともいわれる時期でもあります。

■一雨一度(ひとあめいちど)
冬から春への気候変化を「三寒四温」と言いますが
秋から冬にかけては「一雨一度」と言い、ひと雨降るごとに
1度ずつ気温が下がって、秋が深まることを表します。
低気圧が通過する時に雨が降り、その後気温が下がるためで
ひと雨降るごとに寒さが増し、野山に紅葉が始まります。

●寒露(かんろ)
二十四節気の一つで、十月の八日頃にあたります。
朝露を踏むと冷ややかさを感じ
次第に秋が深まっていくのを感じる季節として名付けられました。
この頃から山々の樹々の葉も寒露にあたり、紅葉し始めると言われてきました。

●霜降(そうこう)
二十四節気の一つで10月23日ごろ。この日から立冬までの期間。
太陽黄系が210度のときで、露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
楓や蔦が紅葉し始めるころ。
この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼びます。

●秋晴れ
夏の猛暑が過ぎ、すがすがしく晴れわたった空を「秋晴れ」と言います。
「天高く馬肥ゆる秋」と言う言葉もあるように
春の「五月晴れ」とは、また違った気持ちよさがあると言われています。
一方「女心と秋の空」とも言うように、変わりやすい天気とあって
観測上「秋晴れ」の日は、意外に少ないとも言われています。

aflo_vrwa027376

●衣替え
日本では6月と10月に衣替えが行われることが多いです。
あくまでも習慣なので強制的に替えなければならないという訳ではありませんが
学校においては強制的に替えなければなりません。
10月1日の衣替えは夏服から冬服へとかわる日。
平安時代には天皇や公家社会で行われていた習慣で
江戸時代ごろから衣替えは6月1日と10月1日に行われるようになり
太陽暦採用後は、官公庁・企業・学校で旧暦の日付」をそのまま新暦に移行して
6月1日と10月1日に行われるようになりました。

江戸時代以前の衣替えは、四月一日から袷(あわせ)を着用し
五月五日から帷衣(かたびら)を、八月十五日から生絹(すずし)を
九月九日から綿入を、十月一日から練衣を、それぞれ着用すると定められていました。
その後、時代の流れとともに四月一日と十月一日の年二回が
衣替えとされるようになりました。

■秋祭りの由来
澄んだ空の下で秋祭りのお囃子(オハヤシ)や
太鼓の音が聞こえると、胸がはやるものです。
秋祭りは、豊かに実った農作物の収穫に感謝し
神様にお供えを捧げる祭事です。
地域の氏神のご神徳を讃え、五穀豊穣・無病息災・家内安全を
祈る祭りとして発展し
神輿(ミコシ)の渡御(トギョ:お出ましのこと)や奉納太鼓、
獅子舞などが賑やかに行なわれ、地域の親睦を深めます。  

■神輿(ミコシ)
神輿(ミコシ)は神様の乗り物で、威勢のいい掛け声とともに
練り歩く神輿かつぎは、祭りの主役です。
祭りの日、神様は神輿にうつされて、氏子に担がれて氏子区域をまわるのですが
神輿をかつぐと魔が払われるとされています。
また、上下に「ワッショイ、ワッショイ」と振り動かすのは
「神輿振り」と言い、神の霊力をまき散らす動作と言われています。

aflo_iryb002054

■錦秋(キンシュウ)
山々が華やかに色づき始める晩秋を、錦織(ニシキオリ)のように美しい秋
「錦秋(キンシュウ)」と言います。深紅から朱赤、橙色、黄色と
さまざまな色に染まる秋の紅葉の美しさを
豪華で美しい織物に見立てたことから来ています。
色鮮やかな美しい織物や衣服を表す言葉、
「錦繍(キンシュウ)」を用いる場合もあります。
 
■紅葉狩り
明け方の最低気温が8~9度以下になった頃、カエデやモミジ類の葉が紅葉し始め
標高の高い山の方から里の方へ色鮮やかに染まってきます。
紅葉を求めて、里から野山に分け入ることを「紅葉狩り(モミジガリ)」と言います。
「狩る」という言葉にはもともと、果物を取る
草木を眺めるという意味があるそうです。

●紅葉(もみじ)
秋も深まってくると、緑色であった草木が、露や、湿気を含んだ寒気にあたり
赤、黄、褐色などに変化します。このことを古語では「もみつ」「もみず」と言い
これが名詞化され「もみじ」になりました。
色よく染まった草木すべてを「紅葉」と言いますが、最も一般的になったのが
「楓」(かえで)の葉で、次第に「もみじ」として親しまれるようになりました。
京都の「嵐山」、大和の「龍田川」のほとり等に、この「楓」を植林し
美しい「紅葉」の名所が生まれました。また、見事な紅葉の群生する
深山幽谷の山々に、猟師が獲物を追って向かうことを「紅葉狩り」と言いました。
「紅葉狩り」は、どこまでも自然美を追っていきたいとする日本人の心情に合い
能や歌舞伎、長唄などでも演じられるようになりました。

aflo_rita003903

●肌寒(はださむ)
秋も深まり冷気が肌に寒く感じられることです。
この頃には日中は暖かいのに夜になると寒くなります。
また、この秋の半ばから末にかけての寒さを「漸寒(ややさむ)」といい
この「漸(やや)」は、次第にとか徐々にという意味になります。
また、何となく寒かったり、わけもなく寒いのが「そぞろ寒(そぞろさむ)」。
さらにどことなく寒いという風に、寒さを特定できない寒さを
「うそ寒(うそさむといい、「うそ」は「薄」から転じた接頭語で
「うすら寒い」という感じの言葉です。
どれも深まる秋の寒さを表しています。  

◆10月の暮らし 
運動会/紅葉狩り/ 秋祭り 
栗ご飯/読書/いわし雲/スポーツ  
菊人形/新米/秋の七草/月待ち 

◆10月の花   
秋桜(コスモス)/金木犀(キンモクセイ)/あざみ/けいとう
りんどう/マリーゴールド/白詰草(しろつめくさ) 
  
◆旬の食材 
かぼちゃ/しめじ/くわい/松茸/栗/柿  
鰆(さわら)/鰹(かつお)/秋刀魚(さんま)

◆時候の挨拶 
秋涼の候  清秋の候  秋雨の候  寒露の候  秋晴の候  
紅葉の候  錦秋の候 秋冷の候  菊薫る頃  秋たけなわの頃  
清秋のみぎり  日増しに秋も深まり  
稲も豊かに実り 秋色もようやく濃くなって参りました
秋の味覚が楽しみな季節になりました 

aflo_fraa000646

2021/10/18 十三夜(後(のち)の月)

十三夜(後の月)は、旧暦9月13日の月を眺める日本独自の風習です。
2021年は10月18日がその日にあたります。 

諸説ありますが、旧暦8月15日の「中秋の名月」を眺める風習
(十五夜)は中国から伝わったもので、日本では台風の時期に重なることが多いため
秋晴れとなることが多い旧暦9月に2回目のお月見を設定したものとされています。

里芋を供えることから「芋名月」と呼ばれる十五夜に対し
十三夜ではこの時季に収穫される栗や枝豆を供えることから
「栗名月」や「豆名月」とも呼ばれています。

aflo_ciua052191

片月見の禁忌は遊里の営業戦略? 
江戸では片月見は「片付見」に通じるとして忌まれたとか。
中秋の月見を自宅以外で眺めると、片月見とならないように
後の月見も中秋の月見をした場所に出かけていって眺めないといけない。
この慣習は江戸の遊里、吉原の客寄せの一環として生まれたという説があります。
中秋の名月の日を吉原で遊べば、片月見を避けるためには
必然的に後の月の日も登楼しなければならないようになると言うわけです。

これだけが本当に片月見の禁忌の原因かは疑わしいところもありますが
その影響もきっとあったろうとは考えられます。
吉原ではどちらの月見の日も「紋日」という特別な日とされ
客達はいつも以上に気前のよいところを見せるために散財したとか。
そのためでしょうか…

 月宮殿へ二度のぼるいたい事 

といういう川柳も残っています。ちなみに「月宮殿」は吉原の別名。
見栄を張る客達の懐は大分「痛い事」がよくわかります。

aflo_ahra002079

十五夜の日に月見を楽しめるのがベストですが
天候によってはかなわないこともあるでしょう。
もともと十五夜は雨の日が多いといわれます。
そんなときは、十三夜や十日夜に月見をしませんか?

十三夜の月 
2021年 10/18  
2022年 10/8  
2023年 10/27  
2024年 10/15  
2025年 11/2  
2026年 10/23

中秋の名月の月日
2021年の十五夜:9月21日(火)
2022年の十五夜:9月10日(土)
2023年の十五夜:9月29日(金)
2024年の十五夜:9月17日(火)
2025年の十五夜:10月6日(月)

十日夜(とおかんや)とは
十日夜は東日本を中心に行われている収穫祭です。
稲の収穫を祝って餅つきをしたり、稲の茎をたばねた「わらづと」や
「わら鉄砲」で地面の神を励まして作物に悪さをするモグラを追い払うなど
地方によって内容はさまざまです。

2021年11月14日(日)
2022年11月3日(祝)
2023年11月22日(水)
2024年11月10日(日)
2025年11月29日(土)

九月・長月 暮らし歳時記

秋は八月ですが、肌に初秋を感じるのは九月。
秋の彼岸を過ぎればめっきり秋らしくなります。

aflo_vxbb000999

八月下旬から九月にかけては台風シーズンで、台風接近前の
湿気をはらんだ暑さは耐えがたいものがありますが
台風一過の秋空は夏から秋への移り変わりを示してくれます。
空は高く、限りなく青く澄みわたり、清々しい。
爽涼の風が木々の間を渡りはじめます。
いわし雲に代表される秋の雲は、垂直に盛り上がる夏の積乱雲とはことなり
水平に広がるようになり、青い空を流れていく美しい雲は
見飽きることがありません。

九月は、辺りの木々もすっかり色づき紅葉の頃。
空気も澄み切っていますから夕暮れが美しい時季。
しかしあっという間に辺りは暗くなる「秋の陽のつるべ落とし」

語源は諸説あり。
九月は菊の季節であることから菊月、菊間月とも呼ばれますが 
新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり
夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」の略とする説。
その他、雨が多く降る時季であるため
「長雨月(ながめつき)」から「長月」になったとする説。
「稲刈月(いなかりづき)」「稲熟月(いなあがりつき)」
「穂長月(ほながづき)」の約や、稲を刈り収める時期のため
長月の「長」は稲が毎年実ることを祝う意味からといった説。
「名残月(なこりのつき)」が転じたとする説などがある。
この中でも「夜長月」の略で「長月」になったとする説とする説は
中古より広く信じられている説で最も有力とされています。

normal

旧暦の九月は、秋の最後の月にあたるので
「晩秋」「窮月」(きゅうげつ)「暮秋」(ぼしゅう)「残秋」「末秋」などと呼ばれています。
最も一般的なのは「長月」で、秋も深くなると日がくれるのも早くなり
長時間にわたって美しい月が見られるので、この名が付いたと言われています。
他に、菊の花が咲き誇る月なので、「菊月」 「菊開月」(きくさきづき)
また、紅葉の季節に入ってくるので「紅葉月」(もみじづき)とも呼ばれています。
菊や紅葉もさることながら、九月の空は澄みきって
特に月が美しく感じられる月で満月の十五夜には
古くから「お月見」をする風習が行われていたことから
「祝月」(いわいづき) 「詠月」(ながめづき) 「寝覚月」(ねざめづき)などの
名称もあります。

■季節の言葉 
新秋、新涼、初秋、秋の長雨、秋霖、名月、良夜、露の秋、白露
虫の音、野分、寝覚月、中秋名月、台風、秋晴れ 

◆秋の時候のあいさつ
初秋の候、清涼の候、秋涼のみぎり、秋の気配が感じられる頃、
野山も秋色をおび、虫の声も美しく、スポーツの秋を向かえ、など。
手紙を書く際には時候のあいさつを使うときは
頭語である「拝啓」「謹啓」などに続けます。
はがきの場合は頭語を省略してもかまいません。
時候の挨拶は、目的や相手との関係によって、丁寧な表現や
親しみやすい表現などを使い分けるのが肝要です。
時候のあいさつの後に、先方の安否を気遣う文句を続けます。
たとえば、ますますお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
皆様いかがお過ごしでしょうか、などです。
時候のあいさつと安否を気遣う言葉が
一般に手紙やはがきの「前文」となります。

初秋の候 涼秋の候 新秋の候 秋色の候 爽秋の候 
秋の夜 涼風の候 秋分の候 秋涼の候 秋冷の候 秋霜の候
新秋のみぎり 秋の七草も咲きそろい など  

燈火親しむ好季となり 
灯火の下、読書に親しむ秋 
黄金色の波ゆらぎ、実りの秋
ひと雨ごとに秋も深まり 
残暑去り難く 
朝夕日毎に涼しくなり 
虫の音もようやく繁くなり
二百十日も無事に過ぎ 
初雁の姿に秋を感じる頃 
秋色しだいに濃く 

●別称
紅葉月(もみじつき)/稲刈月(いねかりつき)/菊月(きくづき)/
玄月(げんげつ)/色取月(いろとりづき)/寝覚月(ねざめづき) など。

◆ 誕生石
9月の誕生石:サファイア

◆ 月の花
9月の花:りんどう(竜胆)
花言葉
「あなたの悲しみに寄りそう」「誠実」「正義」
「悲しんでいるときのあなたが好き」「貞節」「淋しい愛情」

aflo_ahra002084

【防災の日/9月1日】
1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を
忘れないという意味とこの時期に多い台風への心構えの意味もこめて
1960年(昭和35年)に制定されました。
この日に地震や災害に備えて、避難訓練が多くの場所で行われます。
また非常時に備えて防災用品などのチェックもこの時期にしておきたいもの。
(この頃は暦の上では立春から数えて210日、
特に「二百十日」(9月1日頃)と呼びます。丁度稲の開花時期にあたり
強風が吹き荒れることに注意を促したものといえます)
制定の前年には伊勢湾台風が襲来していました。

【白露と秋分】
お盆を過ぎた頃から目に見えて日が短くなってきましたね。
昼間の残暑は厳しいけれど,それでも夕暮れ時の赤い雲や
風の音などに注意してみると,どこか秋の気配が漂っています。

9月になると、二十四節気でも白露と立秋を迎え如何にも涼しげです。
二十四節気は、太陽の黄道上の位置によって決められた季節区分で
太陽の黄経が0度になった時を“春分”と呼び
そこから太陽が15度進むごとに、清明・穀雨・立夏・小満…と呼ばれます。

毎年9月8日~9日頃に迎える白露(はくろ)は
“大気が冷えて露ができはじめる頃”という意味で
天文学的には太陽の黄経が165度になったとき。

また9月23日頃に迎える秋分は,昼と夜の長さが等しく分けられた日。
この日、太陽は真東から昇り真西に沈みます。
また黄経が180度となって,太陽は天の赤道を北から南へ通過し
以降、北半球では夜が長くなっていきます。

aflo_ahra002086

「二十四節気」
春夏秋冬の四季。この四つの季節を節切りして
24に割り振ったのが「二十四節気」です。
立春や春分、秋分、夏至、冬至など、季節の変わり目によく使います。

これをもっと細かく季節を分けたのが「七十二候」
一年を五日ごとに分けることで自然界の微妙な変化を感じ取れる暦です。
二十四節気と同じように、それぞれの季節にふさわしい名を付けて
時候の移り変りを表しています。

 「草露白し 9/8-12日頃  くさつゆしろし」

草に降りた露が白く光り、秋の趣がひとしお感じられる頃。
肌寒さを感じさせる朝夕の心地よい涼風が
本格的な秋の到来を告げてくれます。
◇白露に家四五軒の小村哉(正岡子規)
◇除け合うて二人ぬれけり露の道(井月)

「鶺鴒鳴く 9/13-17日頃 せきれいなく」

チチン、チチンと小川や沼などの水辺で、高い通る声で鳴き始める頃。
河原の石をちょんちょんと渡り歩いている姿が愛らしいですね。
長い尾を常に上下に振るっていることから
石たたき、庭たたきとも呼ばれています。

「玄鳥去る 9/18-22日頃 つばめさる」

玄鳥とは燕(つばめ)のこと。
春に南から訪れていた燕がヒナをかえし、南へ戻って行きます。
この間に子を育てて帰っていくのです。
いつの間にか空になった軒下の巣。来年も帰って来てね。

「雷声を収む 9/23-27日頃 かみなりこえをおさむ」

大気が安定してきて雷が鳴り響かなくなる頃。
夏の名残りを感じさせた雷も去り澄んだ空気と
爽やかな大気の秋の到来。夜空の星が綺麗です。

img_kikumizake1_20120902132809

9日 重陽の節句

重陽(ちょうよう)の節句
9月9日。「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。
昔、中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なる9月9日は
大変めでたい日とされ、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして
邪気を払い長命を願うという風習がありました。
日本には平安時代の初めに伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。
菊の節句、菊の宴とも言われています。収穫の時期にもあたるため
庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをしていました。
今も、太宰府天満宮の秋思祭(しゅうしさい)など
各地で菊を愛でる祭りや行事が催されています。

令和3年(2021年)のお彼岸
春分・秋分を中日とし、前後3日を合わせた7日間

彼岸入り   中日                         彼岸明け
3月17日(水)   3月20日(土・祝)<春分の日> 3月23日(火)
9月20日(月・祝) 9月23日(木・祝)<秋分の日> 9月26日(日)

仏教では、私たちの住む世界をこちらの岸
三途の川(さんずのかわ)を挟んで
ご先祖様の霊が住む世界をあちらの岸と考えられていて
こちらの岸を「此岸(しがん)」あちらの岸を「彼岸」といいます。
この極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む
春分・秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになりました。
これは仏教にはない習慣で、日本独自のものです。
中日に夕陽を拝むと功徳があるといわれています。
お寺では、この期間「彼岸会(ひがんえ)」の法要が営われます。

春の彼岸に供えた「ぼた餅」を、秋の彼岸に「おはぎ」と呼ぶのは、
小豆のあんを春はボタンの花、秋は萩(ハギ)の花に見立てるからだそうです。
ちなみに、秋にとれたばかりの小豆は皮も柔らかいので、
おはぎには皮ごと使った粒あんを使い、皮が固くなった春には
皮を取り除いたこしあんを使ってぼた餅を作るそうです。

aflo_iryb004136

◆ 秋の社日(あきのしゃにち)
雑節の一つで、秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。
春の社日と同じく土地の守護神を祀る日で、秋の社日には
神様に初穂を供えて収穫を感謝する。

◆ 敬老の日
9月の第三月曜日は「敬老の日」です。
この前身になっているのは、1947年(昭和22年)
兵庫県多可郡野間谷村の村長が提唱した「としよりの日」。
昭和26年から全国的に祝われるようになった「年寄りの日」。
これが昭和41年に「敬老の日」と改称され
国民の祝日のひとつとなりました。
2002年までは9月15日でしたが、2003年から
成人の日・体育の日と同様、移動祝日となりました。
敬老の日には、お年寄りのいる家庭では、お年寄りを中心に
祝い膳を囲んだり贈り物をさしあげるなどするのが一般的な祝い方です。
また、敬老の日に忘れてはならないのは、老人と同居して
その面倒を見てくれている兄弟・姉妹、その配偶者への感謝です。
老人への贈り物をするとき
一緒にねぎらいの気持ちを表現してあげたいものです。

aflo_vuaa002508

●二百十日(にひゃくとおか) 
9月1日頃。立春から数えて210日目。 

この時季は稲が開花・結実する大事なときですが
台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうことがよくあり
厄日とか荒れ日などといわれています。
一つの目安として警戒を呼びかけていたようです。
立春から数えて220日目の二百二十日も厄日と考えられています。

二百十日は伊勢の船乗りたちが長年の経験によって凶日としたといわれていて
雑節として暦に記載されたのは江戸時代で、八十八夜とほぼ同じ頃です。
先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのです。

◆ そぞろ寒(そぞろさむ)  
「冷やか」よりも強く、また、晩秋になって覚える寒さを表す
「やや寒」(秋の季語)よりも柔らかに感じる秋の寒さ。秋の季語。
本格的な冬の寒さ寂しさを迎える前の、覚悟の決め際の寒さか。 
   
◆ 冬隣(ふゆどなり)  
秋も終りになると、日差しも薄く弱くなって冬の到来が近いことを感じる。
季節は日々少しずつ巡るが、ある日ついに
冬の隣にやってきたかと思うようなとき。
同じ頃の秋の季語に「冬近し」「冬を待つ」などがある。

1

◆ 虫聞き(むしきき)
秋になく虫の音色を愛でること。江戸時代には「庶民の五つの風流」として
花見、月見、菊見、雪見、と並んで楽しまれた。
当時は谷中(東京)の道灌山(どうかんやま)や
上野の不忍池などが虫聞きの名所で多くの人々がゴザと酒を携え訪れたという。
鈴虫や松虫、邯鄲(かんたん)は特に人気で
虫籠に入れて江戸の町を売り歩く虫売りも現れた。
先人にならって秋の夜長には虫の音色に耳を済ませるのもいいですね。

◆ 涼風(すずかぜ)
夏も終りの頃に吹く涼やかな風のこと。「りょうふう」ともいう。
夏の気圧配置(南高北低)が崩れ、吹いてくる。
実際はまだ残暑厳しい日が続くが、熱風の中に
ちょっとした涼しさを感じた先人たちが
季節を先んじる気持ちを込めて呼んだ風の名前。

◆ 秋のお菓子
秋のお彼岸のおはぎにお月見の団子、皿に秋が深まると栗のお菓子に
リンゴや柿、サツマイモを素材にしたお菓子・・・。
秋はお菓子がつきものの行事が目白押しで
しかもお菓子そのものが旬の季節。

行事もお菓子もしっかり味わって、実りの秋を全身で感じたいものです。
ところで、旧暦9月9日の重陽の節句は菊の節句とも呼ばれ
平安時代の宮中では菊を愛で、菊の花を浮かべたお酒が飲まれていました。
和菓子の世界ではいまでも不老長寿の象徴である
菊にちなんだお菓子は大切にされ慶弔用のお菓子をはじめ、
菊慈童(きくじどう)や菊最中などが作られています。

和菓子屋さんのショウケースに菊のお菓子が並び始めたら
その昔、宮中で優雅な秋の行事が営まれていたことを思い出してみてください。

aflo_wkea106433

中秋の名月(2021年9月)

今年の中秋の名月は、満月!
2021年の中秋の名月は9月21日です。

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。
中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。
中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。

満月はとても明るく見ごたえがあります。
晴れていれば今年も美しい中秋の名月を楽しむことができるでしょう。
また、太陰太陽暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び
日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。
十三夜は「後(のち)の月」「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。
今年の十三夜は10月18日です。

aflo_ahra000444

身近な天体である月は、古くから人々に親しまれている身近な天体です。
とくに天保暦(旧暦)八月十五日の月は「中秋の名月」として有名で
お月見をする習慣があります。
2021年は9月21日が「中秋の名月」の日で8年ぶりに満月と同じ日付になります。
澄んだ夜空に浮かぶ真ん丸い名月を眺めてみましょう。

今年の中秋の名月は満月と同じ日ですが
実は、中秋の名月と満月の日付がずれることはしばしば起こります
(例えば、2024年は、中秋の名月が9月17日、満月が9月18日と日付がずれます)
これは以下の理由のためです。

中秋の名月は太陰太陽暦の日付(新月からの日数)で決まるが
満月(望)は、太陽、地球、月の位置関係で決まる。
月の公転軌道が楕円形であり、新月(朔)から満月(望)までにかかる日数が
13.9日から15.6日と大きく変化する。

お月見といえば「9月の満月」と思われがちです。
確かに今年2021年は9月21日が中秋の名月の日付であり
この日に満月となりますが、必ず一致するわけではありません。
たとえば昨年2020年の場合、中秋の名月の日は10月1日で
9月でもなければ満月の日(10月2日)でもありませんでした。
中秋の名月の日付は、どのように決まるのでしょうか。

aflo_fraa000646

名月といえば秋
そもそも「中秋の名月」とはなんでしょう。

昔から、秋こそが月を見るのに良い季節とされていました。
その理由は、満月の高さと天気です。
夏の太陽は高く、冬は低いことはご存じでしょう。
満月は地球から見て太陽の反対側にありますから
夏の満月は低く、冬は高くなります。
つまり春か秋の満月が、ちょうど見上げるのに適した高さです。
春と秋とを比べると「春がすみ」「秋晴れ」という言葉があるように
天気の良さでは断然秋。そこで、秋が月見のシーズンとなったとされています。

「中秋」八月十五日の決め方
「秋が七月~九月」「中秋の名月は八月十五日」というのは
現在の暦ではなく天保暦(いわゆる「旧暦」)による日付です。
現在、正式に旧暦を発表する機関はありませんが、かつての法則と同様に
太陽と月の動きを元にして旧暦を計算することは可能です。
具体的には「秋分日(太陽が秋分点を通過する日)以前の
一番近い朔(新月)の日を1日目(旧暦八月一日)として
15日目を中秋とする」と決められます。

このようにして旧暦を決めると、現在の暦からおよそ1か月遅れになるので
中秋の名月は9月になることが多いのです。
2021年の場合、秋分日は9月23日、直前の朔の日は9月7日ですので
15日目(14日後)の9月21日が中秋となります。

aflo_ciua052191

十五夜と満月は、ずれやすい
「十五夜」というのは「新月の日を1日目としたときの15日目の夜」
ということですがこの日に満月になるとは限りません。

ある日付が「満月の日」というのはその日のうちに
「月が望、つまり地球から見て
ちょうど太陽の反対方向を通る瞬間を迎える」ことを意味します。
「新月の日」も「月がちょうど太陽と同じ方向を通る瞬間(朔)」を含む日。

新月から新月まで(月の朔望周期)は約29.5日なので
新月から満月までは平均すると約14.8日ということになります。
たとえば「1日の23時に朔」だとすると十五夜は(14日後の)15日となりますが
望は平均的には14.8日後の「16日18時ごろ」なので
満月の日は16日になり、1日ずれるわけです。

さらに、月の軌道が楕円であることなど様々な理由で
朔から望までの期間が14.8日からずれることもあります。
こうした複合的な理由から十五夜と満月の日は
一致しないことが多くなるのです。

とはいえ「秋の真ん中」は八月十五日なので
たとえ満月とずれていても十五夜こそが中秋の名月。
もちろん他の日の月も美しいのですが
とくにこの日には名月を眺めたいものですね。

ちなみに、2021年の場合は9月21日の朝8時55分ごろが望です
(朔からの日数は13.96日)。
つまり「中秋の名月の日」21日の夕方18時ごろに東の空から昇ってくる月は
望から9時間ほど過ぎた丸い月であり「望との時間差」という観点だけで考えると
21日の未明から明け方に西の空に輝く月のほうがより望に近いことになります。
「より丸く見えるのは有明月、名月は宵月」ということになりますが
できれば両方眺めたいものですね。
* Welcome *

*Welcome To My Weblog*

  御訪問ありがとうございます。

  季節や暦に合わせた暮らし歳時記

  興味を持った事柄をPickupしつつ

  不定期に更新しています。


月の暦☾* Daily Moon *
Ж Moon Calender Ж



* 2021年9月の月暦 *
新月 *  7日 09:52
上弦 * 14日 05:40
満月 * 21日 08:55
下弦 * 29日 10:57

* 2021年10月の月暦 *
新月 *  6日 20:05
上弦 * 13日 12:25
満月 * 20日 23:57
下弦 * 29日 05:05

* 2021年11月の月暦 *
新月 *  5日 06:15
上弦 * 11日 21:46
満月 * 19日 17:57
下弦 * 27日 21:28

Today's Moon phase

Ranking
Click Please♪



くる天 人気ブログランキング










RSS
Powered by RSSリスティング
アーカイブ
記事検索
四季の風景 * 歳時記


熨斗と水引



HTML Color Name
140色がランダムに表示されます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

* Book recommended *
春宵、半夏生、驟雨
星月夜、虎落笛、風花・・・
美しい日本の言葉
いくつ知っていますか?
四季折々の言葉を写真で綴る
麗しい日本の歳時記


「星のこよみ」


「雨の名前」


「風の名前」


「空の名前」


「色の名前」


「暦の風景」


「美しい日本語の辞典」


「美しい日本の言葉」


「春夏秋冬 暦のことば」


「音のことのは」


「水のことのは」


「雨のことば辞典」


「自然のことのは」


「花とみどりのことのは」


「春・季節のことば」


「夏・季節のことば」


「秋・季節のことば」


「冬・季節のことば」


「月に恋」


QRコード
QRコード